テイラー・スウィフトのチケットは1枚14万円!?転売市場で高額になったライブチケットランキング

スポーツ・文化

転売市場は近年活況を呈しています。その理由はいくつか考えられます。まず、インターネットの普及により、転売がより容易になったこと。使いやすい転売アプリが多数開発され、転売するユーザが増えています。そして、アベノミクスによる景気回復と所得増加により、転売に投資する人が増えたこと。転売ヤーが増えたのもこの時期でした。そして、転売ノウハウや情報の充実により、初心者でも転売を始めやすくなったことも理由のひとつでしょう。

この状況は日本に限ったことではなく、世界的な状況です。それを証拠付けるのが、最近の話題にあります。現在、テイラー・スウィフトが5年ぶりとなるワールド・ツアーを開催中です。このチケット、元は49ドル(約6,900円)なのですが、転売市場では最も安い席で1,000ドル(約14万円)で販売されています。

転売目的でチケットを入手した、いわゆる転売ヤーは1枚売ることで、13万円以上の利益を得ることができるのです。すごい世界ですよね。転売ヤーが増えていくのも分かるような気がします。

転売市場で高額になったライブチケットランキング

では、テイラー・スウィフト以外に過去にどのくらいチケットが高値になったのかご紹介しましょう。金額は平均チケット額です。日本円は現時点(2023年5月30日)の為替を元にしています。

1位 Taylor Swift – Reputation Stadium Tour 2018 $119.85(約16,800円)
2位 Beyoncé – Formation World Tour 2016 $114.22(約16,000円)
3位 Lady Gaga – Joanne Tour 2017 $112.19(約15,700円)
4位 Drake – Boy Meets World Tour 2017 $94.98(約13,300円)
5位 Ed Sheeran – Divide Tour 2017 $87.33(約12,200円)

ライブチケットの高額化は本当のファンにとって大きな負担となっています。人気アーティストのライブを観たいと思っても、高額なチケットを買うことができず、諦めてしまう人も少なくありません。また、転売業者によるチケットの買い占めは、ファンの公平な観覧権を侵害する行為です。

これはファンだけでなく、アーティストにとっても大きな問題です。だって、本当に自分の歌を聴きたい人が聴けないんです。音楽の本質を損ねる行為に対しては強い規制が必要になるのではないでしょうか。

伊藤泰行

京都市在住。 日本ソムリエ協会認定SAKE DIPLOMA(2018年度合格/No.2153)、SAKE検定認定講師。(社)日本ソムリエ協会正会員(No.29546)。大学卒業後は(株)マイナビに入社し約10年間、顧客企業の新卒・中途採用領域における採用ブランディング、クリエイティブディレクションを経験しました。いつまでもお酒が楽しめるように、毎年1回のフルマラソン完走を目標として健康な体づくりに励んでいます。

Related Articles

TOP