1. HOME
  2. ブログ
  3. 暮らし・旅
  4. 夜空に広がる満天の星を眺めるなら、「星空保護区」認定の岡山県美星町へ

BLOG

ブログ

暮らし・旅

夜空に広がる満天の星を眺めるなら、「星空保護区」認定の岡山県美星町へ

岡山県井原市美星町が2021年11月1日に星空保護区コミュニティ部門でアジア初の「星空保護区」の認定を受けました。「星空保護区」とは米国に本部を置くNPO法人「国際ダークスカイ協会」が2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」で、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。認定には、夜空の暗さ(星空の美しさ)だけでなく、屋外照明に関する厳格な基準や、地域における光害に関する教育啓発活動などが求められます。

 美星町の取り組み

美星町は1954年に市町村の合併により生まれた町で、1989年には全国初の「光害防止条例」を制定しました。その後、現在に至るまで夜10時以降の消灯を促し、星空の美しさを維持する取り組みを続けています。

世の中に発光ダイオード(LED)の照明が浸透した後は、パナソニックに要請して白色LEDよりも軟らかな光が特徴のLED照明器具を開発し、2021年春までに地区内の道路照明740ヵ所の取り替えを完了させました。このような徹底した取り組みを自治体が率先して行ったからこそ「星空保護区」に認定されたのでしょう。

今は子どもから大人まで、朝から寝るまでずっとスマホを見ています。スマホは常に光を発します。きっと、普段の生活のおいて「真っ暗」を経験している人は少ないのではないでしょうか。常に光を浴び続けてる日常を抜け出し、人間が本来置かれていた「真っ暗」の中で、燦然と輝く星空を眺めてみませんか。きっと日常では見つからないものが発見できるはずです。

 美星町の場所

美星町には次のような手段で訪れることができます。公共交通機関の場合は乗り換えがあるため、子どもを連れて行くのなら自家用車がおすすめです。

自家用車
  • 山陽自動車笠岡 I.Cから約30分
  • 岡山自動車道賀陽 I.Cから約40分
  • 井原線矢掛駅より車で10分
電車・バス 山陽新幹線「新倉敷駅」下車、バスで矢掛へ、乗換えて美星へ

 美星町の宿泊施設

星空を眺めるには宿泊が必要ですが、美星町には宿泊施設が少ないためキャンプがおすすめです。

 天体望遠鏡

美星町に行くのなら、天体望遠鏡も持っていきましょう。これを機会に購入してみては。

関連記事