1. HOME
  2. ブログ
  3. 暮らし・旅
  4. 2022年5月、大阪・通天閣に全長60メートルの「タワースライダー」がオープン

BLOG

ブログ

暮らし・旅

2022年5月、大阪・通天閣に全長60メートルの「タワースライダー」がオープン

2022年5月に、大阪・浪速区の観光名所「通天閣」に体験型アトラクションがオープンします。その名も「TOWER SLIDER(タワースライダー)」。通天閣の3階(地上22メートル)から地下1階までの全長60メートルを約10秒で一気に滑り降りる大型滑り台です。

滑り台を設置するのは通天閣に隣のEV塔。ここは免震構造になっているのですが、免震タワーへの滑り台設置は世界でも類を見ないと言われています。滑り台はチューブ型になっていて、上半分が透明になっています。だから、滑りながら通天閣を見上げることができます。

新型コロナ対策のまん延防止措置も解除され、少しずつ街に人が戻っています。今年のGWはきっと多くの人で賑わうのではないでしょうか。気になるのは、その利用料ですよね。たった10秒のためにどのくらいのお金を払わなければいけないのか、気になるところです。

建築名称 TOWER SLIDER
設計・施工 竹中工務店
スライダー本体の施工 タンデム

関連記事