インスタグラムにネットショップを構築するなら、無料ネットショップ「Cafe24」

ビジネス

何か商品を購入しようとする場合、多くの人はまずAmazonか楽天市場で検索するのではないでしょうか。僕自身も同じで、まずは楽天市場で検索します(楽天ポイントを貯めたいから)。正直言って、各店舗が独自でネットショップを構築するよりも、Amazonと楽天市場に集約してくれたほうが消費者の使い勝手は良いのではないかと思っているほどです。

しかし、最近は消費者が商品を購入するまで行動が以前より少し変わってきています。最近はFacebookやInstagramでフォローしている人の写真や記事を見て、その商品が欲しい、という動機を形成します。つまり、物欲が生まれる場がSNSになりました。であるならば、その物欲が生まれるSNS上で商品が購入できるようになれば、Amazonや楽天市場に頼る必要はなくなります。

このような状況に対応し、今ユーザ数を伸ばしているのが「Cafe24」が提供する無料ネットショップ構築サービスです。無料ネットショップ構築は「BASE」や「Stores」などたくさんありますが、同社の特徴は簡単な操作ですぐにFacebookとInstagramにネットショップを構築できることです。これが実現できるのは、同社が「Facebookチャネル」のグローバルパートナーだからです。

 Cafe24はほとんどの機能が無料

他の無料ネットショップ構築サービスが販売手数料を軸にしたビジネスモデルを構築しているのに対し、同社のサービスは販売手数料すらも無料です。つまり、どれだけ商品を販売しても手数料は取られない仕組みになっています。では、どこで費用が発生するのか。それはオプションサービスです。ネットショップの運用に慣れてくると、細かな機能が欲しくなります。同社ではそのような機能を月額制で提供しています。

無料・無制限で提供するもの

無料体験期間無制限
月額費用無料
提供容量無制限
商品登録数無制限
販売手数料無料
越境ECショップ無料
多言語対応無料
モバイル対応無料
SSL無料無料

有料で提供するもの

独自ドメイン1,518円〜/年間
メール配信サービス5,940円〜/3ヶ月
商品レビュー管理機能11,000円/月
商品詳細検索機能4,900円/月
リアルタイム注文データ取得機能16,500円/月

有料のものは上記以外に決済代行会社に支払う決済手数料が発生します。有料機能に関してはネットショップ運用初期には必要のないものばかりです。このような機能を導入するには月の売上が最低でも100万円を超えてからにしましょう。初期は機能強化よりも集客にお金をかけるほうが良いでしょう。

当社はCafe24のパートナーではありませんので、興味のある方は個別にCafe24の公式サイトで調べてください。無料で使えるので気軽に試すことをオススメします。

Cafe24公式サイト

NANAME KIKAKU

NANAME KIKAKU

もっと日本酒を知りたい、学びたいと思ったら日本ソムリエ協会認定資格SAKE DIPLOMAの取得を目指しましょう。NANAME KIKAKUでは酒造メーカーやホテル、酒販店、飲食店で働く人だけでなく、日本酒好きの一般の人たちでも合格できる教材を提供しています。過去3年間で400名以上のSAKE DIPLOMA保有者を生み出した教材をぜひお試しください。

関連記事

TOP