Facebookページでネットショップを作成する方法

Facebookは企業の情報を発信するためだけのツールではありません。実はFacebookにはネットショップを作成する機能も付いています。今回はこれからネットショップを構築したい方やFacebookを有効利用して商品を販売したい方に向けて、Facebookのネットショップ構築機能をご紹介します。

無料で簡単、Facebookのネットショップ構築機能

まずこの機能を利用する大前提としてFacebookページを持っている(利用している)必要があります。通常の個人アカウントでは利用することはできません。企業ユースの場合はFacebookページを利用していると思いますので問題ないと思います。自社のFacebookページを開くと、左のサイドメニューに「ショップ」というメニューが表示されています。これをクリックして、先に進めていくだけです。めちゃくちゃ簡単です。今までのネットショップ構築ってちょっと面倒な作業が多かったのですが、これは今まで頻繁に使用していたFacebookのインターフェイスで動作しますので作業も抵抗なく進められます。

Facebookでは決済できない

Facebookのショップ機能を利用する上で最も重要なことは「決済機能が付いていない」こと。Facebookで利用できるのは商品を登録し掲載するまで。実際に購入してもらうためには2つの方法を選ぶ必要があります。

  1. Facebookのメッセージ機能でやり取りする
  2. 別のウェブサイト(ECサイト)に誘導する

例えば銀行振込などネットショップ上で決済しない場合はFacebookのメッセージ機能を利用して、購入者とやり取りし支払方法を伝えれば問題ありません。面倒なのはネットで決済まで行いたい場合です。米国版のFacebookでは決済まで対応しているようですが、日本版Facebookでは決済機能は付いていません。そのためネット決済するには、別で用意した決済画面に誘導したり、既に運用しているネットショップに誘導したりする必要があります。もしくはSquareのようなメールでカード決済請求書を送付できるサービスを利用する方法も使えると思います。

Facebookショップ利用の留意点

Facebook公式ページの中からショップ画面を作成する上で留意しておくべきポイントをご紹介します。

  • 商品画像にはイラストやアイコンは使用できない
  • 商品画像は正方形フォーマット
  • 不快なコンテンツ(性的表現の強いもの)は使用できない
  • 広告素材や宣伝素材は使用できない
  • 期間限定の値下げなどは使用できない
  • HTMLは使用できない
  • 電話番号やメールアドレスは説明に含むことができない
  • 本や映画の結末は説明に含むことができない
  • 外部サイトへのリンクは掲載できない

諸々制限はありますが、上手く利用すれば売上向上につながるかもしれません。自社でネットショップを立ち上げる場合は諸経費が結構かかるのですが、Facebookショップ機能は全て無料です。また他のネットショップサービスと比較してサーバが非常に安定しています。スマホとの相性も良く、デザインも見やすいです。問題は決済だけなのですが、個人的には「Facebookショップ機能+Square請求書」の組み合わせがベターだと思います。

もしFacebookのショップ機能を既に利用しビジネスに繋げている方がいらっしゃる場合は、ぜひ事例を教えてください。

 Square請求書

関連記事

  1. EC-CUBEとMakeshopとカラーミーショップの費用比較

  2. ECサイトの選択基準

  3. Bcartの利用プランと導入イメージ

  4. AIスピーカー対応のECを構築する際に気をつけること

  5. 京都府とアリババが協定を結び伝統工芸のEC販売

  6. 日本国内のBtoB-EC市場は317兆円!