【情熱大陸】獣医師・中村篤史が働くTRVA夜間救急動物医療センター

暮らし・旅

2021年10月10日(日)に放送された情熱大陸は、東京都世田谷区にある「TRVA夜間救急動物医療センター」で働く獣医師・中村篤史さんでした。最初に登場した犬「ポチ彦」に癒やされつつも、あれだけ多くのペットが夜間救急に運ばれてくる現実を初めて知りました。人間はどこが苦しいのか言葉を発してくれるけど、動物は人間が分かる言葉で苦しさを発してくれない。そこが人間相手の医療と動物相手の医療の最も大きな違いでしょう。動物相手の医療においては、飼い主がどれだけペットの状態を把握していたのか、ということと、出来るだけ多角的に診断を行うことが大切だと感じました。また夜間救急というハードは職場なのにやりがいを感じ、生き生きと働くスタッフの姿が印象的でした。

獣医師・中村篤史氏のプロフィール

北里大学獣医科卒業後、東京大学附属動物医療センターや酪農学園大学での研修医を経て、2年間高橋犬猫病院で勤務医として経験を積む。2011年、桜新町駅近くにTRVA夜間救急動物医療センターの開院に伴い、院長に就任。公式Instagram

(出処:東京ドクターズ

TRVA夜間救急動物医療センター

病院名TRVA 夜間救急動物医療センター
所在地東京都世田谷区深沢8−19−12 泉美ビル2F
診療時間20:00〜6:00
交通アクセス東急田園都市線「桜新町駅」より徒歩10分

関連記事

TOP