独立開業した経営者が本業に集中するための、経理業務アウトソーシングサービス「Remoba」

ビジネス

従業員10名前後の小さな会社の場合、経理担当者が不在で経営者が経理業務を兼務しているケースがあります。しかし、経営者は経理データを元に経営判断や戦略策定することが本来の役割であり、経理担当者が行うような業務に時間を割くことは経営上好ましくありません。そこでお勧めするのが経理業務のアウトソーシングです。従業員一人を雇うよりも少ない費用で、経理業務を丸投げすることができます。

経理業務のアウトソーシングは顧問税理士でも請け負ってくれるケースもあります。しかし、その場合は競争原理が働いていないため税理士の言い値で発注することになりかねません。私はこのような状況を避けるために、会社の経営とは無関係の第三者に委託することを勧めています。

経理業務アウトソーシングのメリット

【1】コア業務に集中・より高度な経営管理に時間が割くことができます

【2】採用コスト、退職リスク、属人化リスクをなくすことができます

【3】業務効率化・リモートワークが促進できます

【4】ビジネスの可視化

小さな会社にとって経理専任スタッフを雇うことは経営的にも大きな判断になります。また、スタッフを採用するための採用コストも大きな負担になるでしょう。このようなコストを削減するためにも経理業務をアウトソーシングした方が大きなメリットが得られます。また、外部の第三者に経理データを任せることで、客観的に会社の経営状態を見ることができるのではないでしょうか。

Remoba経理(リモバ経理)とは

経理業務アウトソーシングはGoogleで検索すれば多数表示されます。ご自身で選びたい場合は比較検討してみてください。ここではご自身で比較検討できない方に向けて、お勧めのサービスをご紹介します。

Remoba経理(リモバ経理)はクラウド活用支援アウトソーシングサービスNo1の経理アウトソーシング(代行)サービスです。クライアントから依頼された業務を経理の実務経験が豊富なオンラインプロワーカーがリモートで代行します。オンラインプロワーカーには、クラウドサービスと経理に精通した優秀なスタッフが在籍しているため、経理業務を効率化することができます。

請求書の発行から入金確認、経費精算、月次決算、支払い業務まで経理業務を丸ごと請け負います。また、マネーフォワードやfreee、弥生会計、勘定奉行などのクラウド会計ソフトの導入支援やクラウドサービスを組み合わせた経理体制の構築、顧問税理士とのやりとりも依頼することができます。

おすすめ料金プラン

Remoba経理には3つの料金プランがあります。その中で従業員10名前後の小さな会社にお勧めなのが「ミニマムプラン」です。月額費用は20万円です。この金額だけを見れば高いと感じるかもしれませんが、従業員を雇うとなるとこの程度の費用に加えて社会保険料や手当など付けることになります。だから決して高い費用だとは思いません。また、経営者が本来の業務に集中することができれば会社の売上が増えることになるため、費用対効果は非常に高いといえるのではないでしょうか。

Remoba経理では標準的なパッケージに加えて、その会社独自の依頼にも応えることができます。まずはRemoba経理に問い合わせして、会社が抱える課題や経理業務の要求を伝えてみてはいかがでしょうか。

Remoba経理を詳しく知る

TOP