2019年度大学発スタートアップ数ランキング、九州大学が躍進

経済産業省の調べによると、2019年度の大学発スタートアップ企業数は2566社と1年間で288社増えて過去最高を更新しました。毎朝日本経済新聞を読んでいる人ならこの傾向は感じていると思います。僕自身も新聞を読みながら、大学名が記事に出る頻度が増えていると感じていました。では実際にどのような大学からスタートアップ企業が生まれているのでしょうか。上位20大学は次の通りです。

2019年度大学発スタートアップ数ランキング(経済産業省)
1位 東京大学 268社
2位 京都大学 191社
3位 大阪大学 141社
4位 東北大学 121社
5位 九州大学 117社
6位 筑波大学 114社
7位 名古屋大学 94社
8位 慶應義塾大学 85社
8位 早稲田大学 85社
10位 東京工業大学 75社
11位 デジタルハリウッド大学 70社
12位 広島大学 49社
13位 北海道大学 48社
14位 九州工業大学 44社
14位 龍谷大学 44社
16位 会津大学 35社
16位 神戸大学 35社
18位 静岡大学 32社
18位 岡山大学 32社
20位 東京理科大学 30社

東京大学、京都大学は潤沢な資金を持つため常に上位に入りますが、この中でも特に目立つのは「デジタルハリウッド大学」が11位に入っていることです。同大学は2005年に構造改革特区により設立された教育機関で、「株式会社立大学」という点が他の大学と異なります。主にデジタルコンテンツに関する研究を行っていて、大学院もあります。

それ以外で特に躍進しているのが九州大学です。九州大学は順位こそ5位ですが、増加率では大阪大学に次いで2位となっています。この要因として、日経新聞では「産官学でスタートアップを盛り上げる福岡の雰囲気」と「工学部や医学部から生まれる起業のタネと、約2,000人を超える研究者」の存在が大きいと書いています。特に有機ELなどエネルギー分野では特許保有数が国内トップクラスです。

では、九州大学発のスタートアップ企業をご紹介します。

九州大学発の主なスタートアップ(日経調べ)
株式会社QPS研究所 小型人工衛星の開発
株式会社Kyulux 有機ELパネルの次世代素材の開発
エディットフォース株式会社 ゲノム編集技術を使った創薬
メドメイン株式会社 AIを使った病理診断支援ソフトの開発
株式会社リアムウィンド 新型風車の開発

九州大学発スタートアップ企業は他にもあります。詳しくは「大学発ベンチャーデーターベース」から探してください。

関連記事

  1. 働きやすさ偏差値の高い企業

  2. 採用面接で面接官が判断すべきポイントとは

  3. 【BOOK REVIEW】死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

  4. 2019年のゴールデンウィーク、エンジニアは連日出勤が決定!?

  5. 有期契約社員の無期転換への準備は進んでいますか?

  6. 在宅勤務が増えた今、高品質なガーゼパジャマで安眠を