僕の医療保険より高いペット保険を安くする方法

先日、ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険がペット保険契約者5,000名以上から得られた情報を元に、2019年の1年間にペットにかけた年間費用を発表しました。それによると、犬にかける年間費用はなんと30万円!そして、猫は16万円でした。猫のほうが安いのですね。散歩にも連れて行かなくていいし、飼うなら猫でしょ(僕は猫派です)。

犬の年間30万円の内訳を見ると、最も多いのが「フード・おやつ」で約57,000円、次いで「病気やケガの治療費」で約56,000円となっています。ちなみに猫の「フード・おやつ」は約42,000円、「病気やケガの治療費」が約29,000円です。猫の方が健康なのでしょうか。いずれにしても、僕の一年間の治療費や薬代よりも高いことが分かりました。

僕の医療保険は年間24,000円、ペット保険は42,000円

僕が加入している医療保険(がん保険)はANAの団体保険で月額2,000円で、年間でも24,000円という低価格保険です。では、ペット保険はどのくらいかかるのでしょうか。犬の場合は約50,000円、猫の場合は約30,000円かかります。僕は猫以下ですね。月額に換算すると、犬の場合は約4,200円、猫の場合は2500円となります。

犬の場合で見ると、大きさによっても保険料に違いが出ます。小型犬の場合は約48,000円(月額4,000円)、中型犬の場合は約52,000円(月額約4,300円)、大型犬の場合は約64,000円(月額約5,300円)となり、大きくなるほど保険料も値上がりします。

ペット好きな人は、自分よりもペットにお金を費やすと聞きますが、この数字を見るとそれが真実であることが分かります。でも、正直言ってペット保険がこれほど高いのなら、僕は今後ペットを飼うのが難しいな〜と思います。

おそらく僕と同じように考えている飼い主も多いと思います。そんな方に掛け金の安さで評判のよい「楽天ペット保険」をご紹介します。

月々730円から加入できるから財布に優しい

楽天はお手軽価格の自転車保険で有名なように、市場価格よりも安く保険に加入できる商品が整っています。ペット保険も同様で、これからペットを飼いたいと思っている人が、自分の収入を気にせずに保険に加入できることが魅力です。保険内容の詳細は楽天ペット保険の公式ページをご覧ください。とてもわかりやすく説明されています。事例として「3歳のチワワ」の保険料をご紹介します。

補償割合が50%のプランの場合、月額1,530円(年間16,880円)になります。これで手術・入院・通院が補償されます。手術の場合、1回12万円まで支払われます。入院の場合は1日12,000円まで、通院の場合も1日12,000円支払われます。そして、総額年92万円まで補償されます。僕はペットを飼ったことが無いので分かりませんが、年間92万円分の補償額があれば十分なのではないでしょうか。

ちなみにペットの場合も人間と同じように年齢が低いほど保険料も安くなります。ペットを飼うことで得られることは多いと思いますが、それによって飼い主の生活水準が落ちることは決して良いことではありません。あくまで無理のない範囲内で保険に加入する。これがペットを長く飼い続ける上で大切なことだと思います。

楽天ペット保険の詳細を見る

関連記事

  1. 高額医療費の支払に困ったら限定額適用認定証を使おう

  2. 安いから何度でも作り直せる。生前遺影の作成は「スマイル」で。

  3. 関西にある白内障治療の実力病院

  4. 外国人に人気の日本のホテルランキング2017

  5. デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)35社

  6. 半年間で時価総額を伸ばした中堅上場企業ベスト10