プレゼンや市場調査でも有効活用できる、ワードクラウドとは

ビジネス

早速ですが、下の画像はどのような文章を元に生成されたと思いますか?

出典:ユーザーローカルAIテキストマイニングツールで調査 https://textmining.userlocal.jp/

これは2023年4月に行われた京都大学入学式の式辞の文章を元にしています。約4,000語ある文章を解析すると、上のような言葉が多数出てくることが分かります。これがワードクラウドというツールです。「chatgpt」という単語が目立っているのが面白いですよね。

このように、ワードクラウドとは対象となるテキストデータから出現頻度が高い単語を抽出し、その頻度に応じて文字の大きさや色で視覚化したものです。これにより、文章の内容をひと目で把握したり、重要なキーワードを抽出したりするのに役立ちます。また、視覚的に訴求力のある画像として、プレゼンテーションや資料、Webサイトなどに活用することができます。

 ワードクラウドの作り方

ワードクラウドは専用のツールを使って簡単に作成することができます。無料のツールから有料のツールまで様々ですが、多くのツールは以下のような機能を備えています。

  • テキストデータの読み込み
  • 出現頻度に基づいた文字の大きさの調整
  • 文字の色やフォントの設定
  • 画像形式での保存

今回利用したツールは無料で提供されているユーザーローカル社の「AIテキストマイニング」です。このツールは文章の貼り付けだけでなく、ワード等原稿ファイルからの分析、2つの文章の比較、音声入力にも対応しています。その他、いろいろな機能が無料で使えますので試してみてください。

 ユーザーローカル「AIテキストマイニング」

ビジネスにおけるワードクラウドの利用方法

では、このワードクラウドをどのようにビジネスに活用するのか。いくつか例を挙げます。

■アンケート結果の分析 顧客アンケートなどの結果をワードクラウド化することで、顧客のニーズや意見を視覚的に把握することができます。
■市場調査 市場調査で収集したデータをワードクラウド化することで、市場のトレンドや課題を把握することができます。
■ブランディング 企業の理念やビジョンをワードクラウド化することで、企業イメージを効果的に伝えることができます。
■プレゼンテーション プレゼンテーション資料にワードクラウドを挿入することで、内容を分かりやすく伝え、聴衆の理解を促進することができます。
■ソーシャルメディア ソーシャルメディアで投稿されたユーザーの意見をワードクラウド化することで、ユーザーのニーズや関心を把握することができます。

私は仕事柄、人材採用に活用しています。例えば、競合他社の採用サイトに掲載されている社員インタビューの原稿をワードクラウドで分析し、求職者に対してどのようなメッセージを伝えたいのか読み取ります。それを元に、競合を意識した自社原稿を作成します。出現頻度の高い単語は記憶に残りやすいです。それを考慮した上で、原稿を作ることが大切だからです。

その他、NISAを活用する際にも使えます。保有する銘柄の決算説明会の文章を解析すれば、何について多く語られているのかすぐに分かります。退屈な文章ほどワードクラウドを有効活用すべきです。

ワードクラウドのツールは国内外に多数ありますので、自分が求めるアウトプットが得られるものを選びましょう。

伊藤泰行

京都市在住。 日本ソムリエ協会認定SAKE DIPLOMA(2018年度合格/No.2153)、SAKE検定認定講師。(社)日本ソムリエ協会正会員(No.29546)。大学卒業後は(株)マイナビに入社し約10年間、顧客企業の新卒・中途採用領域における採用ブランディング、クリエイティブディレクションを経験しました。いつまでもお酒が楽しめるように、毎年1回のフルマラソン完走を目標として健康な体づくりに励んでいます。

Related Articles

TOP