マネックス証券が単元未満株「ワン株」の買付手数料を無料に

金融・経済

株式投資する際、通常は取引できる単位(単元株数)が決められています。多くの銘柄の単元株数は100株です。購入したい銘柄の株価が1,000円とした場合、この銘柄の株式を購入するには最低10万円が必要です。中には1株10,000円を超える銘柄もあり、その場合は100万円以上の現金が必要となります。特に有名銘柄ほど株式を購入するには相応の資金が必要です。

手元資金は少ないけど株式投資したいというニーズに応えたのが単元未満株です。この場合1株単位で株式が購入できます。前述した株価1,000円の銘柄であれば、手元資金として1,000円あれば投資できます。その他単元未満株を購入するメリットは次の通りです。

単元未満株を利用するメリット
  • 100万円を超える銘柄でも1株から購入することができる
  • 株主優待付きの株式を少額で複数購入することができる
  • 少額で複数購入できるので分散投資でリスクを低減できる
  • 株式投資初心者が投資の勉強として活用できる

私も口座を保有しているマネックス証券では単元未満株を「ワン株」というサービス名で運営しています。このワン株が2021年7月から買付手数料が無料になりました。売却手数料は約定代金の0.5%(税込:0.55%)で、こちらも業界最安水準です。良いことばかり書きましたが、当然取引制限があったり、通常の株式取引とルールが異なるため利用する場合は必ずその違いを確認しましょう。ちなみにマネックス証券のワン株では午前11時30分までの注文が原則として後場始値の取引価格で約定する、としています。


TOP