関西で人工肺ECMO(エクモ)が導入されている医療機関

新型コロナウイルスの治療の関するニュースの中で、ECMO(エクモ)という言葉を聞く機会が増えています。このエクモとは人工肺のことですが、皆さんがよくご存知なのは人工呼吸器だと思います。人工呼吸器は患者本人の肺の機能を利用するものですが、人工肺は患者の体外の装置で血液に酸素を加えて肺の機能を代替するという点で大きく異なります。

人工呼吸器は患者本人の肺を使うわけですので、患者の肺が弱っている場合は使用することが難しいのですが、人工肺(エクモ)は患者本人の肺を休ませ、外部の装置で代替するため、患者の肺機能が弱っている場合でも使用でき、また患者の免疫機能が働き始めるまでの時間を稼ぐことができます。

このエクモですが、2020年2月時点の調査では全国に1255台が配備されています。この数字だけ見ると、結構多いじゃないかと感じるかもしれませんが、このエクモを使用するには経験値が必要で、実質的にエクモを稼働できるのは全国で300床ほどを言われています。

今回はこの中から関西にフォーカスにて、エクモが導入されている医療機関をご紹介します。

関西で人工肺ECMO(エクモ)が導入されている医療機関
大阪府
京都府
兵庫県
和歌山県
滋賀県

関連記事

  1. 京都銀行が融資契約の電子契約サービスを開始

  2. 東京都にある肺がん治療の実力病院<リンク集>

  3. 今、国内時計メーカーの取り組みがおもしろい

  4. 自動車整備士の現状とこれから

  5. 京都中央信用金庫の防災アプリ「cocoroe(ココロエ)」

  6. SAKE DIPLOMA二次試験用・テイスティング用語選択用紙を作って…