日本酒販売に強い売場づくり

EC構築のプロ×日本酒認定資格者による日本酒ネットショップを提供

商品による差別化ではなく、伝える情報による差別化を

ネットショップで日本酒を販売する時に大切なことは、飲まなくてもその日本酒の味わいや香りがイメージできるページづくりを行うことです。なぜならネットショップは試飲販売と異なり試飲ができないからです。だから日本酒の魅力を伝える商品ページの内容はとても重要です。精米歩合や日本酒度など香味に直接関わる情報だけでなく、販売者による商品説明を分かりやすく表現することが求められます。

しかし、残念ながら多くの日本酒ネットショップはラベルに記載されている情報しか掲載していません。これでは質の高い日本酒の魅力は十分に伝わりません。そこで当社では日本酒の知識を持ったスタッフが販売者に代わり、日本酒一本一本の魅力を文章と写真で伝えるお手伝いをします。日本酒ネットショップが増加している現在、伝える情報の質で他店との差別化を図りましょう。

当社の日本酒ECへのこだわり

  • お客様に最適なプラットフォーム選び

    ネットショップで失敗するケースで多いのが、立ち上げ時からプラットフォームにお金をかけ過ぎることです。成功するネットショップの多くはスモールスタートし、売上に応じてスケールアップしていきます。当社ではお客様の要望と予算に応じて、無理なく支払い続けられるプラットフォーム選びをお手伝いします。

  • 日本酒の基礎知識を持ったスタッフ

    当社のスタッフは(社)日本ソムリエ協会認定のSAKE DIPLOMA資格を保有しています。日本酒の基礎知識を持っているため、販売者と日本酒の専門用語を使いコミュニケーションできます。また消費者視点にたち、難しい日本酒用語を用いず、誰もが分かりやすい表現で伝えることができます。

  • 行政書士との連携

    ネットショップで日本酒を販売するためには「通信販売酒類小売業免許」の取得が必要です。この免許を取得しなければネットショップの運営は行なえません。できるだけ早く、安く免許を取得し、ネットショップ開設の準備を開始できるように当社は酒類販売業免許申請に強い行政書士と連携しています。

本サービスの対象となるお客様

日本酒メーカー様、酒販店様

お問い合わせフォーム

ご興味のある方は下記フォームからお気軽にお問い合わせください。

確認画面は表示されませんので送信前に内容を再確認してください。