デザイン重視のECサイトを構築するなら、EC-CUBEよりもWordPressを。

BASEやshopifyのようなクラウド型ではなく、敢えてEC-CUBEやWordPressを使用してECを構築する理由は主に2つあります。1つは機能カスタマイズを行いたい場合。もう一つはデザイン性を高めたい場合です。クラウド型の場合、機能は既に実装されていてユーザが好き勝手に変更することはできません。もちろん多くのEC事業者にとっては標準仕様の機能だけで十分運用することができるのですが、独自の商習慣を持つ企業にとっては物足りないと感じるでしょう。

デザインに関しても同様です。最近ではクラウド型もデザイン変更の自由度が高まりました。つい最近、BASEもデザインツールのアップデートを行い、カスタマイズ性が高まりました。しかし、ある一定の「型」を脱することはできないため、分かる人が見れば「ああ、これはBASEを使っているな」と分かってしまいます。購入者にとってはBASEだろうがEC-CUBEだろうが何でもよいのですが、構築においては事業者のエゴが強く反映されます。

構築者のエゴを満たすならEC-CUBEかWordPress

EC事業者やWeb制作会社は自分たちの存在価値向上のため、そして自分たちのオリジナリティをECに反映させたいと考える場合が多いため、クラウド型のサービスを避けがちです。そんな彼らが選ぶのがEC-CUBEやWordPressなどオープンソースのプラットフォームです。これらは標準仕様においてはクラウド型に劣るものの、カスタマイズ性の高さで評価されています(評価しているのはWeb制作会社だけですが)。

EC-CUBEはECに特化したもので、EC運営に必要なプラグイン等が充実しています。WordPressはそれだけではECとしては機能せず、ECに特化した有料テーマをインストールして利用します。後ほど紹介しますが、有料テーマは非常に充実しています。どちらを選んでもECを構築できるのですが、それぞれに特徴があります。

EC-CUBEは国内に特化したサービスで、海外でのEC-CUBE利用実績はほぼありません。一方、WordPressはグローバルなサービスで国内外問わず多くの利用実績があります。またEC-CUBEはWordPressと比べると独特の知識や経験が必要になるため、国内で対応できるWeb制作会社は限定されています。一方、WordPressはWebに関わる仕事をしている人ならほとんど対応できるでしょう。

結局、デザイン性の幅が広がるのはWordPress

つまり、EC-CUBEとWordPressでは関わっているWeb制作業者の数が桁違いに差があります。言い換えれば、EC-CUBEよりもWordPressの方が対応できるデザイナーが多く、結果的にデザイン性の幅が広がります。当社もEC-CUBEのデザインを経験した外部デザイナーを探すときがありますが、市場にはほとんどいないため苦労します。一方、WordPressのデザイン経験者は山のように存在するため選び放題です。

今後もこの状態が変わることは無いでしょう。先述しましたが、EC利用者(消費者)にとっては、別にEC-CUBEだろうがWordPressだろうが、そんなことどうでもよいのです。つまり、プラットフォーム選びに時間をかけることほど無駄なことはありません。であるならば、後々のことを考えると扱える人が多いWordPressを選ぶ方が得策でしょう。仮に依頼しているWeb制作会社が倒産したとしても、市場には代わりになるWeb制作会社がたくさんあるからです。

おすすめするEC専用WordPress有料テーマ

WordPressをECで利用する場合は、有料テーマ選びが大切です。無料のテーマも存在しますが、無料=提供者は免責、になっているケースが多いため、お金をダイレクトに扱うECで無料のテーマを選ぶことはオススメしません。やはり、しっかり責任を持ち、品質が担保された有料テーマを選ぶべきです。

その有料テーマの中でも特に品質が高いのがTCDブランドの次の商品です。

EGO(TCD079)

この有料テーマはEC構築プラグインの「Woocommerce」と「Welcart」の両方に対応していることが特徴です。依頼するWeb制作会社によってはどちらか一方しか対応できない場合があるため、このように両方対応していることで依頼するWeb制作会社の選択肢も増えます。細かな仕様やデザインに関しては実際にデモ画面を見ていただく方が早いでしょう。費用は税込39,800円です。EC-CUBEでこのレベルの機能と見た目を実現しようとすると、最低でも300万円は必要でしょう。かなりお得なテーマだと思います。

機能詳細とデモ画面を見る

当社ではWordPressの導入・設定、有料テーマの導入・設定、Woocommerce・Welcartの導入・設定に対応しています。デザイナーは自社で用意するので、システム部分のみ担って欲しいなど要望には柔軟に対応します。

関連記事

  1. 【BASE無料アプリ】定期便を設ける

  2. 越境EC・集客のヒント

  3. 今後のネット通販拡大の生き残りの秘訣は日本酒バルに学べ

  4. 【日本のEC市場】物販系EC・分野別市場規模

  5. 越境EC利用時の価格交渉経験

  6. 【BASE】4月3日より「カート画面のURL」が各ショップ固有のURL…