コロナ禍をバネに株価が上昇した企業ベスト10

新型コロナウイルス感染拡大を機に世界中の株価は下落しました。そんな中でも株価が上昇した企業も数多くあります。日本経済新聞は下落が始まった2020年2月下旬から2021年2月22日までの1年間の株価上昇率を調査し順位を付けました。今回はその10位以内の企業をご紹介します。

コロナ禍をバネに株価が上昇した企業ベスト10

第1位 BASE(4477)

  • 上昇率:683%
  • 時価総額:2,916億円

第2位 メドピア(6095)

  • 上昇率:347%
  • 時価総額:1,324億円

第3位 マネックスグループ(8698)

  • 上昇率:293%
  • 時価総額:2,522億円

第4位 JIG-SAW(3914)

  • 上昇率:274%
  • 時価総額:1,200億円

第5位 チェンジ(3962)

  • 上昇率:238%
  • 時価総額:2,325億円

第6位 HENNGE(4475)

  • 上昇率:221%
  • 時価総額:1,444億円

第7位 出前館(2484)

  • 上昇率:214%
  • 時価総額:2,573億円

第8位 ヤーマン(6630)

  • 上昇率:212%
  • 時価総額:1,129億円

第9位 レノバ(9519)

  • 上昇率:203%
  • 時価総額:2,630億円

第10位 エムスリー(2413)

  • 上昇率:188%
  • 時価総額:5兆9,731億円

[sanko href=”https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69370420U1A220C2ENI000/” title=”コロナをバネに急騰した銘柄” site=”日本経済新聞”]

関連記事

  1. 大学教授が創業に関わったスタートアップ企業

  2. Evernoteベーシックの利用端末制限

  3. ドラマ『コード・ブルー』でドクターへリを運航していた会社はココ!

  4. 中小企業のテレワークを考える〜人の評価から業務の評価へ〜

  5. 【祇園祭2019・前祭】目の前で山鉾を鑑賞できるホテルと宿

  6. 体組成計で分かった45歳になった僕の体組成