【10歳までの子ども向け】子どもの地頭を育てる今注目の新しい通信教育「ワンダーボックス」とは

幼少期に受ける教育は、その後の人間形成に大きく影響します。この歳の子どもを持つ親としては、できるだけ十分な教育を受けさせてあげたいと思うでしょう。しかし、だからといって受験のためだけに塾に通わせるような教育には抵抗を持つ人が多いのも事実です。親としては子どもに「学ぶことを楽しさを体験」させ、将来に渡って「自分で学ぶ意欲を持つ」人間に成長してほしいですよね。
[box class=”box31″ title=”親が抱える子どもの教育に関する不安”]
[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

  • 子どもの可能性を広げてあげたい
  • 通信教育をやってきたが子どもが飽きて続かない
  • 本当に身になっているかわからない

[/list]
[/box]

このような不安を解決する方法として、今注目されているのが「STEAM教育」です。STEAM教育とは、問題解決力や創造力を重視する、新しい学びの概念です。文部科学省も推進するなど、次世代の学びとして注目されています。この教育を提供する「ワンダーボックス」では、プログラミングやアート、科学など、新時代を生きる子どもたちに大切な素養を、まるで遊びのように楽しみながら身につけることができます。毎月更新される10種類のSTEAM分野の通信教材で、問題解決力、創造性を引き出します。
[box class=”box31″ title=”STEAMとは”]
[list class=”ol-circle li-mainbdr main-bc-before”]

  1. Science(科学)
  2. Technology(技術)
  3. Engineering(工学)
  4. Art(芸術)
  5. Mathematics(数学)

[/list]
[/box]

ワンダーボックスの教材の特徴

「ワンダーボックス」は、毎月届くキット(ワークブックやパズルなど)と専用アプリを組み合わせて学ぶ、STEAM教育領域の新しい形の通信教育サービスです。開始から1年で、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、BabyTech Awardを受賞、利用者からも「質が良くて、楽しくて、ためになる」と評価を得ています。制作は100万ユーザーの知育アプリ「シンクシンク」を手がける開発チームだから安心できます。
[list class=”ol-circle li-mainbdr main-bc-before”]

  1. 注目のSTEAM教育分野で時代に左右されない地頭が育つ!
  2. 5年間の研究授業で子どもの反応を見ながらプロチームが開発しているから、子どものわくわくが本当に続く!
  3. 学力にも効果があることが、実証実験で確認されている!

[/list]

[yoko2 responsive]
[cell]

[/cell]
[cell]

[/cell]
[/yoko2]

まずは無料で資料請求

ワンダーボックスでは、資料請求すると保護者の方向けのパンフレットと、子ども向けの体験版キットが届きます。資料請求にお申し込みいただくと、体験版のアプリも利用できます。実際に自分の子どもが楽しく続けられそうか、まずは気軽に試してみましょう!

関連記事

  1. 世界中で活況のオンラインフィットネス