25,800円で手に入る、医療クリニック向けWordPress有料テーマ「CURE」

大きな病院と比べて、医療クリニックは地域に根差した存在であり、患者の多くはクリニック周辺に住む住民が中心になります。このような地域密着のサービスにおいて、最も大切なのは「評価・クチコミ」です。特にGoogleマップ上の評価はクリニック選びをする際、とても重視されるため注視しておく必要があります。悪評が増えれば当然集客に大きな影響が出ます。だから、医療クリニックの集客においては、まず「評価・クチコミ」で良い評価を得ることが必要です。

その上で求められるのは「安心感」です。クリニックを訪れる患者の多くは不安を抱えています。その不安を和らげるには適切な情報提供が必要です。適切な情報提供が行われない場合、仮にクチコミの評価が高かったとしても選択肢に入れられない可能性があります。適切な情報提供を行うためには、誰もが簡単に見られるWebサイトを充実させなければいけません。「本当にこのクリニックで大丈夫だろうか」「このクリニックのドクターは任せられる経歴と実績があるのだろうか」。こんな不安を解決するために、今回ご紹介するような医療クリニック専用の有料テンプレートを使用しましょう。

医療クリニック専用のWordPress有料テーマ

医療クリニック向けのWordPress用テーマで今最も優れているのがTCDが販売している「CURE」でしょう。その素晴らしさを文章で説明するのは難しいため、まずはこのテーマを使用して作成されたデモサイトをご覧ください。

デモサイトを見る

仮にこのデモサイトと同じようなWebサイトを外部デザイナーに依頼してゼロから構築すると、100万円前後の費用は必要になりますし、むしろデザイナーによってはデモサイトよりもデザインが劣る可能性もあります。その点、「CURE」というテーマを使用すれば、25,800円でデモサイトと同様のWebサイトが手に入ります。

それでは簡単に「CURE」の特長をお伝えします。
[box class=”box31″ title=”デザインテーマ「CURE」の特長”]
[list class=”ol-circle li-mainbdr main-bc-before”]

  1. ビジュアル重視のトップページでクリーンなイメージアップに貢献
  2. クリニックに必要なすべてのページをテンプレート化
  3. スマホユーザーが快適に操作できるモバイルデザイン
  4. 最上部に「緊急告知メッセージ」機能を搭載
  5. ブログコンテンツによる集客に最適化
  6. HTMLやCSSなどの専門知識を持たないスタッフでもすべての初期設定や構築が可能

[/list]
[/box]

特に重要なのがスマホでの見え方です。医療クリニックに訪れる患者層にもよりますが、おそらくその多くが女性でしょう。女性の場合、パソコンの所有率が低く、情報収集にはスマホを使用します。したがって、パソコンでの見え方よりもスマホからの見え方の方が大切です。デモサイトを見る時は必ずスマホから見てください。

テーマを購入後にすべきこと

WordPress用のテーマを購入するだけではWebサイトは構築できません。それ以外にも準備、設定すべきことがあります。もし、知り合いにデザイナーやWeb制作会社がいる場合は、「このテーマを使ってWebサイトを構築してください」と依頼すれば問題ありません。知り合いにそのような関係者がいない場合は当社にご連絡ください。もちろん手数料はいただきますが、必要最小限の作業でWebサイトを構築し引き渡します。

CUREの詳細を見る

[card2 id=”14124″]

関連記事

  1. 会員制ウェブサイトをWordPressで構築するなら、TCDの「EVE…

  2. マイナビで数多くの採用サイトを手掛けた僕が薦める、採用サイト向けWor…

  3. クッキー利用同意表示を設置しているのは日本企業の5%だけ

  4. 4月からWeb業界、Web担当になる人のためのオススメ書籍

  5. Web制作会社がオススメする、用途別「WordPress有料テーマ」一…

  6. クリニックのホームページの作り方