本格的にプログラミングを学びたい人のためのプログラミング教室

2020年から小学生のプログラミング学習が必修化されたことにより、社会人も今後プログラミング言語を学びたいと考える人が増えています。プログラミング言語を学び、実際にシステム開発などの業務に就きたいと考える人だけでなく、プログラミングで習得できる物事の考え方を身につけたいと考える人もいるようです。ただ、現実問題として、プログラミング学習に時間を割き、そのリターンを直接的に得られるのはシステム開発に関わる人だけでしょう。

気をつけたいのはプログラミングを学んだからといって、有名な企業で働けるわけでもありませんし、収入が増えるわけでもない、ということです。大切なのはプログラミング学習をした後にどのような経験を積むか、です。例えばAIに関する仕事に就きたいのであれば、情報工学を学べる大学に入り最低でも大学院修士課程まで学びましょう。実際、AIに関わる人は博士課程を修了している人が多いのです。データサイエンスであれば数学や統計学を学ぶ必要があるでしょう。つまり、プログラミングを学ぶことによりチャンスは広がるけれど、そのチャンスを活かす経験が必要だということです。

今回はこのように本格的にプログラミングを学びたい人のためのプログラミング教室をご紹介します。

習得言語の選び方

今、どのような言語に注目が集まっているのか、Google Trendsの結果を表示します。見れば分かるように、今はAIを開発するための言語「Python」が人気のようです。

テックジム

[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

  • 自習型プログラミング塾
  • 就職後も優れたエンジニアとして成長することを目指している
  • Python基礎コース(17万円)
  • Aiエンジニア養成コース(35万円)
  • 教科書がない、授業がない
  • 効率学習(授業型の3分の1の学習時間でマスターできる)
  • オンラインサポートでトレーナーに自由に質問できる
  • テックジムの詳細はこちら

[/list]

Playground

[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

  • 「速く作る」ことに特化したプログラミング学習サービス
  • プログラミング言語の「学習」というよりも、「作る」ことを重視した教材
  • 現役エンジニアが実務で得たノウハウを教材化
  • iPhoneアプリを開発できるSwiftコース(3,000円)
  • WebサイトやLP制作のためのHTML/CSSコース(3,000円)
  • サポート費用が月額500円
  • 7日間の完全返金保証制度
  • Playgroundの詳細はこちら

[/list]

関連記事

  1. 自社でブログメディアを運営するなら「はてなブログMedia」がおすすめ…

  2. 地方銀行の次世代基幹システムは静岡銀行から

  3. VPNはもう古い。多くの企業が導入し始めた「SASE」とは

  4. イスラエルの医療テック新興企業

  5. マッチングアプリ「ペアーズ」にビデオ通話機能が追加

  6. AI・データの利用に関する契約ガイドラインが策定されました。