クッキー利用同意表示を設置しているのは日本企業の5%だけ

最近、インターネットを閲覧しているとWebサイトの上部もしくは下部にcookieの利用同意表示が現れます。これは6月に成立した改正個人情報保護法において、企業がcookieを個人とひも付けて利用する場合には本人の同意を取ることを義務付けたことによる対策です。この対策の最も一般的な方法が企業サイトによる画面表示です。

現在、当社の企業サイトでも画面下部にこのように表示しています。

自分の会社ではcookieと個人の紐付けを行っていない、と考える担当者がいるのですが、実はかなりの確率で紐付けています。例えばGoogkeアナリティクス。多くの企業で導入しているアクセス解析ツールですが、これにもcookieが使われています。また、企業サイト上にGoogleの広告を設置している場合もcookieを使用しています。つまり「紐付けを行っていない」のではなく、単に担当者が「知らない」だけなのです。では知らなければ行わなくてもよいのか。それは違います。行わないということは、企業として意識が低いと見なされるだけです。

では、他の企業は行っているでしょうか。実は日本国内の大企業でも5%弱して対策していません。欧州企業が8割、米国企業が3割ということですので、日本国内の企業の意識の低さが浮き彫りになっています。他の企業が行っていないのなら、うちもやらなくていいや、ではなく、今やることで逆に差を付けることができるのではないでしょうか。

ちなみにWordPressを使用してWebサイトを構築している場合は、プラグインを導入して少しだけカスタマイズすれば当社のような表示を出すことができます。もし、自分で設置するのが面倒くさい、やりたくないという場合は当社にご依頼ください。数千円で対応させていただきます。

 

関連記事

  1. WordPress有料テーマを購入後に行うこと

  2. 年間10万円以下で手に入れるエステサロンのためのホームページ

  3. 【改装・リノベーション業者向け】ホームページ有料デザインテンプレート

  4. 一般診療・歯科クリニック向けデザインテンプレート「BIRTH」

  5. クリニック専用デザインテンプレートの導入方法

  6. 年間10万円以下で手に入れるネイルサロンのためのホームページ