【EC-CUBE新着プラグイン】画像クロッププラグイン

クロップとは切り取り、つまりトリミングのことです。今では多くのECプラットフォームに実装されている画像の切り取り機能ですが、EC-CUBEにはそのような機能は備わっていません。だから、画像をアップする前にフォトショップのような画像編集ソフトを使用して、プラットフォームの仕様に合わせたサイズに編集する必要があります。

しかし、今回ご紹介するプラグインを導入すれば、編集前の画像を管理画面上でトリミングすることができます。EC-CUBEの標準サイズは600px*600pxですが、これ以外のサイズでも編集することができます。もし、画像編集ソフトをお持ちでない場合はこのプラグインを導入してはいかがでしょうか。

名称 画像クロッププラグイン
概要 管理画面上でアップロードした画像のトリミングがおこなえるプラグイン
対応ver 4系
価格 8,800円(税込)

プラグインの導入に際しては、稼働中のECに影響がないようにステージングサーバ上にデモ環境を構築して試しましょう。当社ではステージングサーバの構築からプラグインの導入まで一貫した対応を行っています。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 【日本のEC市場】サービス系分野のBtoC-EC市場規模

  2. eBayの国内通販サイト「Qoo10」の販売手数料が最大3ヶ月間無料に…

  3. ネット通販も差別化の時代へ

  4. 米国決済サービス「Square」がネットショップ構築サービスを開始

  5. 【EC-CUBE新着プラグイン】にぎわい演出ブロックプラグイン

  6. BtoBサイト導入時のポイント