飲食店は必見!Google検索で自分の店を上位に出す方法。

最近、飲食店経営者とお話すると次のような会話になるときがあります。「最近は食べログやRettyのようなクチコミサイトよりも、Googleの検索結果やクチコミを見てお店に来る客が増えた」と。おそらく他の飲食店経営者も同じように感じているのではないでしょうか。

もちろん、飲食店を露出する方法として食べログやRettyは効果があると思います。しかし、重要なのはそこに掲載されている情報です。食べログには頻繁にクチコミを書く人がいて、場合によっては飲食店と契約して、良い記事を書く人までいるほどです。つまり、クチコミを書くことをビジネスにしている人が多いのです。

そして、このような状態を消費者も知っています。だから、食べログやRettyに書いている情報を信用する消費者は徐々に少なくなっています。その一方で今信用を高めているのがGoogleです。Googleのクチコミは自由気ままに書かれているため、消費者の生の声が届きます。食べログでは高評価だったけどGoogleで見たらイマイチな評価だった、ということもあるのです。

つまり、今後飲食店がクチコミを意識してネット上の露出を考えるのであれば、Googleに掲載される情報は無視できないと言えるでしょう。ということは、Googleでどれだけ目立つのかということがとても重要だということです。

SEO対策ではなくMEO対策へ

SEO対策は多くの経営者がご存知だと思います。検索エンジン対策です。いまだに多くのサービスがあり、よく営業電話もかかってくるようです。しかし、これはホームページを持っていることが前提で、私個人としては飲食店にホームページは必要ないと思っています。今はInstagramやFacebookを使った継続的かつ親近感を感じる情報発信の方が効果があるからです。

飲食店にSEO対策は今後も必要ないでしょう。その一方で強化すべき対策もあります。それがMEO対策です。MEOとは「Map Engine Optimization」の頭文字をとったもので、「マップエンジン最適化」と呼びます。簡単に説明すると、Google検索に表示されるローカル検索結果で飲食店の情報を上位に表示する施策のことを指します。

飲食店経営者の皆さんもGoogleでお店を検索した時、地図を見ることが多いと思います。この地図が表示された時に、その範囲内にある飲食店が表示されるのですが、このときの掲載順位がとても重要です。当たり前のことですが、パッと開いた時に表示されている飲食店ほど目立ち、クリックされ、情報が閲覧される確率が高いのです。スクロールしないと見えない飲食店ほどクリックされません。

MEO対策とは地図表示された時に自分のお店を上位に出す、とても重要な対策なのです。

MEO対策はプロに任せるべき

ではどのようにMEO対策をすべきなのでしょうか。正直言って、飲食店経営者が個人で対策するのは限界があると思います。やはり、Googleの検索アルゴリズムを理解し、それに沿った対策ができるプロに任せるべきでしょう。実際、MEO対策を行ってくれる業者はたくさんあります。Googleで「MEO対策」と検索すればたくさん表示されます。

ただし、業者に依頼しても効果がすぐに出るわけではありません。なぜなら、同じような対策をしている飲食店は多数あるからです。業者に申込みをしてから効果が出るまでの間に作業費用を支払うのは納得いきませんよね。やはり効果が出ることを確認してから支払いたいというのが本音だと思います。

そこでおすすめなのが「ゲキデル.com」というサービスです。このサービスの特徴は成果報酬制で、検索上位に表示されるまで無料です。具体的には検索上位3位に入るまで無料となります。上位3位に入ればスクロール無しで表示されるため、クリックされる確率も上がります。上位3位に入った後の費用は月額最大19,800円となります。

ゲキデル.comの詳細情報に関しては公式ページを閲覧ください。ネーミングはイマイチですが、管理者機能もあり意外とちゃんとしていますよ。

ゲキデル.comの詳細を見る

関連記事

  1. 第34回NAHAマラソンの楽しみ方

  2. NHK紅白歌合戦2020に出場する歌手のインスタグラム

  3. 新幹線・最後部座席後ろの荷物スペースが有料に「特大荷物スペースつき座席…

  4. 空飛ぶクルマを実現しようと奮闘している企業

  5. 術前・術後の写真掲載が原則禁止へ

  6. AIを使った知的財産関連サービスが増加中