【BOOK REVIEW】図解 人材マネジメント入門

人材マネジメントを100のポイントに分け説明し、それぞれにパワポのような図解が付いています。長々とした文章ではないため読みやすく、後から必要な部分だけ読み直しやすいと感じました。異動など人材マネジメントは会社として「なぜそれをやる必要があるのか」を従業員一人ひとりにメッセージとして伝えることが大切なんだと。マネジメントと聞くと上から下へというイメージが強いのですが、受け手(下)が納得しないと価値のない上っ面な施策で終わってしまうのだと分かりました。人材マネジメントには適応性と一貫性が重要。

ハイライト

「人事」とは「人」と「事」を両立させる仕事、つまり「人を生かして事を成す」。たった2文字で人材マネジメントの本質を表してる。

効果的な人材マネジメントには特徴があります。それは環境への「適応性」があり、施策の「一貫性」があることです。人材マネジメント施策は、1つひとつがメンバーへの、そして世の中へのメッセージです。「なぜ今それをやる必要があるのか」がわかり(適応性)、「何をしようとしているのか」を明確に指し示していること(一貫性)が重要です。

人事評価の目的は3つあります。「公平感のある処遇の分配」「社員の活用と育成」「企業文化の醸成」です。

人材開発と組織開発の違いはなんでしょうか。人材開発では「人」の能力を開発する対象でしたが、組織開発では人と人の間にある「関係性」や「プロセス」が開発する対象です。

著者推薦図書

関連記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策(まとめ)

  2. ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市に行ってきま…

  3. 米国ETFの売買手数料が実質無料になる「ゼロETF」とは?

  4. 特別養子縁組制度の条件って知っている?

  5. AI時代を生き抜くための教育

  6. 個人投資家の皆さん、ワル者ファンドって知ってる?