【BASE新機能】ショップデザイン機能がフルリニューアル

株価は14,000円を超え、時価総額3,000億円に迫ろうとする日本を代表するECプラットフォーム「BASE」が、先日10月15日に、ショップデザイン機能をフルリニューアルしました。このリニューアルによって運営者自身がデザイン変更を簡単に行えるようになりました。BASEが持つこのようなユーザフレンドリーな機能追加はとても好感が持て、他のECプラットフォームとの違いを鮮明に表現しています。

今回リニューアルされた内容を簡単にまとめてみました。

  • すべての無料テーマがスマートフォン対応デザインになった
  • 新機能「デザインパーツ」でドラッグ・アンド・ドロップでパーツは編集が可能に
  • ナビゲーション(メニュー)のテキストやフォントも簡単に編集

今や多くの消費者がスマホでECを利用する時代です。それなのに制作会社は今でもPCのデザインを優先し、そこに髙いデザイン費を載せ運営者に請求しています。これは時代錯誤であり、今後このような流れは無くなるでしょう。実はスマホのデザインに関してはデザイナーにお願いするほど変更要素が少ないのです。皆さん、スマホでAmazonや楽天で買い物をする時にデザインを意識しますか?ほとんどの人がしませんよね。スマホのデザイン性とはその程度のものなのです。だからこそ、そこに高い金を費やすのではなく、運営者自身が変更できる機能が求められていました。

それでは実際にどのような編集画面なのか、私が勝手に作った画面でご紹介しましょう。

実際の画面を見ながらテーマが変更できます。

ドラッグ・アンド・ドロップでパーツを追加削除できます。

メニューの変更も簡単に

背景画像も変更できます

他のECプラットフォームに乗り換えようと検討している方は、ぜひBASEも候補に入れましょう。おそらく今後もBASEは運営者にとって便利な独自機能をガンガン追加するはずです。早めに入って使い慣れておくことが大切です。

関連記事

  1. 越境ECの支払方法

  2. 日本製品に特化した越境EC「百分百(バイフンバイ)」をバイドゥがオープ…

  3. 【EC-CUBE新着プラグイン】デザインタグ表示プラグイン

  4. 【EC-CUBE新着プラグイン】LPにフォームを挿入するプラグイン

  5. EC-CUBEで会員ランクを設定する方法

  6. 【EC-CUBE新着プラグイン】Googleアカウントで管理画面にログ…