50歳以上が使えるシニア割を有効活用して人生を豊かに

今僕は46歳。あと3年と半年くらいで50歳になります。世間では50歳以上のことを「シニア」と呼ぶようなのですが、今の自分の心と体の状態を見ると、僕がイメージする「シニア」とはほど遠く、なんだか言葉だけが独り歩きしているようにも感じます。そんな中で見つけた新聞記事が「50代も使えるシニア割」。日本経済新聞に掲載されていたのですが、世の中にはなぜだか50代になると様々なサービスを割引待遇してくれるようなのです。なぜでしょうか。

インターネットで検索してみたのですが、その意図を明確に説明している記事は見つかりませんでした。僕は2つの意図があると考えています。ひとつは「人口が多いこと」。僕は団塊ジュニア世代で世代人口が多く、この世代が持つお金を消費に向ければ、それなりの売上につながるのではないでしょうか。2つ目は「使えるお金が多いから」。人によりますが50代になれば子供も大学を卒業し、今まで子供に費やしていたお金を消費に振り分けることができます。その金額は決して低くないでしょう。

では、世の中には50代のお金を取り込もうと、どのような割引サービスを展開しているのでしょうか。今回は日経新聞で紹介されていたものに、個人で調べたものを加えて紹介します。

50歳以上が使えるシニア割を有効活用して人生を豊かに
八洲学園大学(通信制) 図書館司書資格取得の学費が14万1000円に
じゃらんnet「50歳からのじゃらん」 割引特典付き宿泊プラン
JR西日本「おとなび」 山陽新幹線のぞみや特急列車が3割引
イオンリテール「G.G WAON」 毎月15日は電子マネーカード払いで5%割引
イオンシネマ「夫婦50割引」 夫婦2200円で映画鑑賞
チヨダ「ハッピー55デー」 毎月14〜17日は1000円以上の靴が10%割引
TOAI「ジャンボカラオケ広場」 毎月第3・4火曜日はルーム半額
ワン・ダイニング飲食店 食べ放題コースなどが割引価格に
ホテル・メトロポリタン 宿泊料金が割引
アウトリガー・ホテルズ&リゾーツ 宿泊料金が割引
大阪ステーションシネマ「夫婦50割引」 夫婦2800円で映画鑑賞

関連記事

  1. iPhoneの画面をパソコンに映し出すミラーリングソフト「X-Mira…

  2. 東京2020オリンピック聖火リレー・京都の出発地と到着地一覧

  3. 日本と米国のエンジニアの働き方

  4. 猫好きにはたまらない。猫と暮すインテリア

  5. 最高額は35万円!初任給が高い企業ベスト10

  6. 女性の活躍推進企業データベースを使ってみる