GIGAスクール構想の概要

新型コロナウイルス感染拡大による小中学校の休校により、学校のICT環境の遅れが明らかになりました。文部科学省の19年3月時点の調査によると、全国の普通教室の無線LANの整備率は41%に留まり、ICT環境構築の土台となるインフラ構築でさえ半分以上の学校で進んでいないことが分かりました。政府はこのような事態を重く見て、当初2023年末までに「1人1台」を実施する計画でしたが、3年の前倒しを決定しました。

このような環境整備によって実現するものが「GIGAスクール構想」です。この構想を実現することによって、同じ内容を一斉に教える従来の授業方法から、生徒個々の習熟度に合わせた学びに転換することを目標としています。

GIGAスクール構想の概要(日経新聞から抜粋
GIGAスクール構想の概要
  • 児童生徒のICT環境整備
  • 学習用端末「1人1台」を実現
  • 校内ネットワーク整備(Wi-Fi)
コロナ禍により追加された施策
  • 家庭でのオンライン学習環境整備
  • モバイルルータなどの貸し出し
  • 学校のカメラやマイクなど整備支援
  • GIGAスクールサポーター配置
  • ICTに詳しい技術者らを自治体に派遣

 文部科学省「GIGAスクール構想の実現について」

関連記事

  1. 【BOOK REVIEW】人工知能は人間を超えるか

  2. 京都に春到来。観光中に困ったら、公衆トイレを利用しよう。

  3. 有期契約社員の無期転換への準備は進んでいますか?

  4. 猫好きにはたまらない。猫と暮すインテリア

  5. 大学など高等教育機関に通い続けるための高等教育修学支援制度

  6. サケホール益やの「タコ唐としば漬けタルタル」が美味い!