自由に使えるお金をたくさん持っている中堅上場企業

新型コロナウイルスの感染拡大により、僕の周囲でも飲食店の閉店が相次いでいます。飲食店経営者の声を聞くと、そこそこ繁盛している店でも来月分の運転資金をやり繰りするのが難しい状況である場合も多く、飲食店経営の弱い部分が露骨に現れたと思います。このような変化の激しい時に企業経営で重要になるのが、余剰資金の多さです。

余剰資金とはフリーキャッシュフロー(純現金収支、FDF)と呼びます。これは、営業活動で稼いだお金(営業CF)から投資に回したお金(投資CF)を差し引いたもので、この金額が大きいほど資金の融通が利き、コロナ禍のような状況下でも安定した経営を続けられます。

飲食店経営の弱点はこのFCFが少ないからだと推測できます。営業CFは多いものの、新規店舗出店のため投資CFが大きくなりすぎて余剰資金が生まれれなかったり、個人店の場合であれば稼いだお金を生活費に費やしすぎてお金が貯まらない状況になっているのではないでしょうか。今後、飲食店を経営する場合は無駄な投資CFを抑え現金をストックしておくことが大切です。

さて、このようなご時世であってもFCFが大きい企業(=余剰資金の大きな企業)が存在します。今回はFCF3年平均の黒字額が大きい中堅上場企業上位10社をご紹介します(日経NEXT1000調べ)。

自由に使えるお金をたくさん持っている中堅上場企業10社
イマジニア株式会社(4644)
  • 黒字額:25.3億円
  • 事業:モバイルコンテンツ配信
  • 本社:東京都新宿区
  • 代表:澄岡 和憲(慶應義塾大学理工学部卒)
デジタルアーツ株式会社(2326)
  • 黒字額:19.5億円
  • 事業:セキュリティソリューション
  • 本社:東京都千代田区
  • 代表:道具 登志夫
ホウライ株式会社(9679)
  • 黒字額:18.1億円
  • 事業:不動産
  • 本社:東京都中央区
  • 代表:寺本 敏之
  • 平均年収:495万円
株式会社アイ・アールジャパンホールディングス(6035)
  • 黒字額:16.9億円
  • 事業:IRコンサルティング
  • 本社:東京都千代田区
  • 代表:寺下 史郎(青山学院大学卒)
  • 平均年収:1,225万円
株式会社シーティーエス(4345)
  • 黒字額:15.6億円
  • 事業:建設ICT
  • 本社:長野県上田市
  • 代表:横島 泰蔵
  • 平均年収:536万円
株式会社インフォマート(2492)
  • 黒字額:15.1億円
  • 事業:BtoBプラットフォーム
  • 本社:東京都港区
  • 代表:長尾 收(東京大学法学部卒)
  • 平均年収:535万円
株式会社エニグモ(3665)
  • 黒字額:14.6億円
  • 事業:ソーシャル通販サービス
  • 本社:東京都港区
  • 代表:須田 将啓(慶應義塾大学院 理工学研究科 計算機科学専攻 修士課程修了)
  • 平均年収:625万円
オーエス株式会社(9637)
  • 黒字額:14.1億円
  • 事業:不動産
  • 本社:大阪市北区
  • 代表:髙橋 秀一郎(東京大学工学部卒)
  • 平均年収:646万円
株式会社和井田製作所(6158)
  • 黒字額:13.7億円
  • 事業:工作機械
  • 本社:岐阜県高山市
  • 代表:和井田光生
株式会社ブロッコリー(2706)
  • 黒字額:13億円
  • 事業:ゲームソフト
  • 本社:東京都練馬区
  • 代表:高橋 善之
  • 平均年収:654万円

関連記事

  1. 料理で選ぶ人気温泉旅館ホテル100選

  2. 米国、中国だけじゃない。これからはアフリカの有望企業に注目!

  3. 銀行システム24時間化で午後3時以降も振込可能に

  4. Find Jobでエンジニア採用してみてわかったこと。

  5. 【NAHAマラソン直前号】大会までに準備すること

  6. 時価総額が1000億円を超えるバイオベンチャー企業