【日本のEC市場】世界のBtoC-EC市場規模

2020年7月22日に、経済産業省は、「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態等について調査し取りまとめました。本ページではその中から特に重要なデータをピックアップして関係者の皆様にお伝えします。

世界のBtoC-EC市場規模

次のグラフは2019年の国別のBtoC-EC市場規模トップ10を表したものです。これを見ると中国の市場規模の大きさが際立っており、2位の米国と3倍以上の開きがあります。米国はAmazon発祥の地でもあり、多くの日本人が米国はEC先進国であると思うのですが、実態は中国が圧倒的な市場規模を誇っています。このような数字を見ると、今後日本企業が越境ECを推進していく上で中国は無視できない市場であることが分かります。

経済産業省「電子商取引に関する市場調査」を元に作成

 

 経済産業省「電子商取引に関する市場調査」

関連記事

  1. 巣ごもり消費によりリアル店のネット通販が拡大中

  2. WordPressの投稿記事をEC-CUBEに表示させる方法

  3. EC-CUBE B2Bの管理機能一覧

  4. 安心して導入できる、Bcartのサポート体制

  5. EC-CUBEの機能一覧をExcelでまとめました

  6. シェアリングエコノミーの5分類とは