【日本のEC市場】デジタル系分野のBtoC-EC市場規模

2020年7月22日に、経済産業省は、「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態等について調査し取りまとめました。本ページではその中から特に重要なデータをピックアップして関係者の皆様にお伝えします。

デジタル系分野のBtoC-EC市場規模

デジタル系分野で最も市場規模が大きいのがオンラインゲームです。2018年の市場規模が1兆4,494億円、2019年が1兆3,914億円と前年から4%減少しているものの、デジタル系ECを牽引する存在であることに変わりありません。一方、前年比で高い伸び率を示しているのが有料動画配信です。これはAmazon プライムビデオやNetflixなどの存在が大きくなっていることから、皆様もお気づきだと思います。伸び率は約62%とデジタル系分野ではひとつ抜けた存在です。

 経済産業省「電子商取引に関する市場調査」

関連記事

  1. 巣ごもり消費によりリアル店のネット通販が拡大中

  2. 【EC-CUBE新着プラグイン】価格帯別リンクを作成する

  3. 若者に人気の支払い方法「BNPL(Buy Now Pay Later)…

  4. 【EC-CUBE4】プラグインのバージョンアップ情報(2020.5.2…

  5. はじめてのBtoBサイト構築(3つの運営パターン)

  6. アパレル販売の新スタンダード。ネットでも店員の個性を生かす販売方法