ECの新しいトレンド「BOPIS(ボピス)」とは

今回のコロナウイルス感染拡大の影響により最も大きな影響を受けたのが食品・飲食業界です。京都でも多くの店が閉店に追い込まれました。しかし、一方でデジタル活用が大きく進んだのも同業界です。今までテイクアウトを行ってこなかった店舗が、Uber Eatsや出前館のようなサービスを利用し、新しい顧客層の開拓に乗り出しました。

特に大きな変化は「BOPIS」という新しい施策を導入する企業が増えたことです。BOPISとは「Buy Online Pick-up Instore」の略です。購入はオンラインで行い、商品の受け取りだけ実店舗にて行うもの。従来は商品の選択、購入、受け取りを全て実店舗で行っていたのですが、選択と購入(決済)までをオンラインで行うことで、実店舗への来店頻度が限定的になります。

本来であればオンラインで購入し、自宅まで配送してもらうことが理想なのですが、ここには物流の限界という問題があります。日本においては国土が狭いため、Uber Eatsや出前館、そしてタクシー会社などの配送ビジネスが成り立つのですが、国土の広い国(例えば米国など)は配送サービスは限界に達しやすく、そこに依存することで配送の遅延などサービス低下が発生していました。あのAmazonでさえ、米国では配送日の指定が1週間後でも受け付けられないほど配送能力が限界に達しています。

このような問題を解決するビジネスモデルがBOPISで、その具体的な施策として「ダークストア」が挙げられます。これは店舗の役割を商品の受け取り専用にするという施策で、消費者は店舗に入ることができません。では店舗には誰が入っているのか。店内には商品をピックアップするスタッフや、包装するスタッフ、消費者に商品を渡すスタッフが入っています。これは店舗というよりも倉庫と言ったほうがイメージしやすいのではないでしょうか。つまり店舗の倉庫化が進んだと言ってもよいでしょう。

BOPISには主に3つの受取方法があります。

  1. 店舗カウンターで対人での受け取り
  2. ロッカーなどを使用した非対人の受け取り
  3. ドライブスルー型の受け取り

店舗カウンターでの受け取りに関しては、人と接触する機会があるため感染のリスクが伴います。ロッカーなど設備を使用した受け取りは人と接触する機会が無いものの、設備投資と設備を置くスペースが必要になります。また、冷蔵機能が場合は受け取れる商品が限定されます。このような状況の中で今最も注目されているのがドライブスルーです。このドライブスルーはマクドナルドのドライブスルーとは異なります。運転者は車から降りません。商品を車に積み込むのは店舗のスタッフです。この方法であれば最小限の接触で済み、作業も効率化することができます。

今後このような取り組みは日本でも広がっていくかもしれません。新型コロナの影響により甚大な被害が出ている食品・飲食業界ですが、前向きに捉えれば新たなビジネスモデル構築のチャンスと言えるのではないでしょうか。

関連記事

  1. EC-CUBE3のカテゴリ設定方法<その1>

  2. 【EC-CUBE新着プラグイン】カテゴリ名検索プラグイン

  3. 【日本のEC市場】サービス系分野のBtoC-EC市場規模

  4. 【EC-CUBE新着プラグイン】Chatwork通知プラグイン

  5. 三越伊勢丹HDも導入決定!オンライン接客ツールの導入メリットとは

  6. 【EC-CUBE新着プラグイン】Google Site Kitプラグイ…