プログラミング教育開始に最適な時期とは

学校法人先端教育機構は、プログラミング教育への実態調査を目的として、全国都道府県・市区町村の首長を対象にプログラミング教育に関するアンケートを実施し、その結果を公表しています。今回はその中から「プログラミング教育開始に最適だと考える時期」について触れたいと思います。

その結果を見ると、約4割が小学校低学年(1〜2年生)のうちにプログラミング教育を開始すべきだと答えています。また全体の9割以上が小学校に通う間にプログラミング教育を経験すべきだと答えています。他の調査結果によれば、その目的として、「プログラミング的思考」を身につけることの重要性を説いています。

社会人が考えるプログラミングはIT分野の業務で使用できる「スキル」をイメージする場合が多いのですが、小学校や中学校で学ぶプログラミングはそのような実務的なものではなく、その後の人生に繋がる基礎的な思考を鍛えることを目的にしています。今後は特にIT分野以外でもプログラミング的思考は必要となり、大学・大学院で学ぶ際にも学問問わずそのような思考が必要になると思われます。

出所:学校法人先端教育機構

 学校法人先端教育機構

関連記事

  1. 常駐型?在宅型?フリーエンジニアが選べる2つの働き方

  2. 受託開発会社がおすすめするシステム開発の外部委託方法

  3. 中学生からPythonが学べるプログラミング教室「テックジム」

  4. 29歳までに未経験からインフラエンジニアになる方法

  5. オープンソース利用のメリット・デメリット

  6. WEB制作者向けGoogle Chromeのキャッシュを簡単にクリアす…