【日本のEC市場】国内BtoC-ECの市場カテゴリ

国内のEC市場を調査する場合、3つの分野と各分野に含まれるカテゴリが使われます。何がどれだけ販売されているのか、また自社のECがどのカテゴリに属し、そのカテゴリの市場動向がどのように変化しているのか、運営担当者は確認しておきましょう。

国内BtoC-ECの市場カテゴリ
A. 物販系分野
  1. 食品、飲料、酒類
  2. 生活家電、AV機器、PC・周辺機器等(オンラインゲーム含まず)
  3. 書籍、映像・音楽ソフト(電子出版含まず)
  4. 化粧品、医薬品
  5. 雑貨、家具、インテリア
  6. 衣類、服飾雑貨等
  7. 自動車、自動二輪車、パーツ等
  8. 事務用品・文具等
  9. その他
B. サービス系分野
  1. 旅行サービス
  2. 飲食サービス
  3. チケット販売
  4. 金融サービス
  5. 理美容サービス
  6. その他(医療、保険、住居関連、教育等)
C. デジタル系分野
  1. 電子出版(電子書籍・電子雑誌)
  2. 有料音楽配信
  3. 有料動画配信
  4. オンラインゲーム
  5. その他

 経済産業省「電子商取引に関する市場調査」

関連記事

  1. はじめてのBtoBサイト構築(おすすめプラットフォーム)

  2. 【日本のEC市場】スマホ経由の市場規模

  3. 日本製品に特化した越境EC「百分百(バイフンバイ)」をバイドゥがオープ…

  4. 【EC-CUBE新着プラグイン】デザインタグ表示プラグイン

  5. EC-CUBE3で商品ページを作成する

  6. EC-CUBE3管理ページは7つの項目で成り立っている