【日本のEC市場】BtoB-EC市場規模

2020年7月22日に、経済産業省は、「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態等について調査し取りまとめました。本ページではその中から特に重要なデータをピックアップして関係者の皆様にお伝えします。

BtoB-EC市場規模

2019年のBtoB-EC市場規模は、352兆9,620 億円(前年比 2.5%増)でした。「その他」を除いたEC 化率は、前年から1.5 ポイント増の31.7%でした。2019年規模が2018年から拡大した業種は、主に「小売」、「建設・不動産業」、「食品」でした。

2015年から順調に市場規模を拡大してきたBtoB-ECですが、ここに来てEC化率が落ち着き始めました。コロナ禍の影響により2020年度は若干増加すると予想できますが、今後は大幅なEC化率増加は望めないのではないでしょうか。

統計資料を元に当社にて作成

 

 経済産業省「電子商取引に関する市場調査」

関連記事

  1. 若者に人気の支払い方法「BNPL(Buy Now Pay Later)…

  2. 【BASE無料アプリ】送り状データダウンロード

  3. 自国ECの利用デバイス動向

  4. CtoC-ECにおけるネットオークションとフリマアプリの市場比較

  5. 【BASE無料アプリ】テイクアウト

  6. 京都府とアリババが協定を結び伝統工芸のEC販売