マネックス証券の「AI銘柄ナビ」で1ヶ月後の株価を予測する

僕が株式投資を始めたのは約15年前。当時、ゴールドマン・サックスのゼネラルパートナーだった松本大氏がソニーから出資を受けマネックス証券が誕生しました。それまでは他の証券会社を使っていましたが、彼の経歴やメディアでの発言に興味を持ち、すぐにマネックス証券に口座を移しました。その後、様々なネット証券が誕生しましたが、現在でもこの口座だけで運用しています。若干、他の証券会社より手数料が高いのが悩みですが、他にはない充実したサービスがあるので特に不満はありません。

このマネックス証券が2020年6月3日にリリースしたのが「AI銘柄ナビ」です。これは金融機関向けソフトウエア開発のMILIZE(ミライズ)と共同開発したもので、AIを活用して国内株の株価変動を予測します。具体的には、株価が1ヶ月後に現時点と比較してどの程度上昇・下落するのかをAIで予測して4通りの評価を表示するものです。

流行りのテーマで銘柄を選ぶこともできる

具体的な銘柄を入力して情報を出す以外にも、例えば「5G」など流行りのテーマを選ぶと次のような情報が表示されます。

例えば「富士通」であれば過去1ヶ月は13%以上の上昇を見せていますが、AIの予測では今後1ヶ月後には大幅に下落しているだとうと表示されています。このデータを使うことで空売りをすることもできます。また自分が保有している株価の今後を予測することもできます。僕が保有する銘柄の1つ「弁護士ドットコム」であれば、過去1ヶ月は約7%下落していますが、今後は上昇する確率が高いと出ています。もし売りを考えているのであれば、もう少し株価動向を見守る方法を選ぶこともできます。

株式運用は自分なりの判断基準を持つことが最も大切なのですが、長年運用しているとその判断基準が揺らぐことが多々あります。そんな時は何かを拠り所とすることがあるのですが、今回のAIサービスはその拠り所になりえると思います。

無料で誰でも使えるAI銘柄ナビ

このサービスはマネックス証券の口座を保有していなくても利用できます。ただし、予測表示されるだけでポートフォリオを確認するためには口座が必要です。このサービスを有意義に利用したい場合は、これを機にマネックス証券に口座を開設してみていはいかがでしょうか。きっとこれからも個人投資家にとって便利なサービスがリリースされると思いますよ。

関連記事

  1. 沖縄でキャッシュレス決済するなら楽天ペイがおすすめ!

  2. 安いから何度でも作り直せる。生前遺影の作成は「スマイル」で。

  3. 【京都マラソン応援企画】当日無料になる駐輪場

  4. 大学教授が創業に関わったスタートアップ企業

  5. 【2018卒向け】就職サイトの都道府県別掲載社数を比較してみた(リクナ…

  6. 在宅勤務が増えた今、高品質なガーゼパジャマで安眠を