東南アジアで注目!シンガポールの有力新興企業

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界的にスタートアップ企業の資金調達が難しくなっています。特に東南アジアのスタートアップ企業の資金調達は難しい状況だと言われています。しかし、このような状況においてもシンガポールに関しては医療や金融関連のスタートアップ企業が資金調達を成功させています。なんと東南アジアの資金調達件数の約45%がシンガポールの企業です。

香港国家安全法により香港のポジションが下がる中、相対的にポジションを上げているのがシンガポールです。今後、ますます東南アジアにおけるシンガポールの競争力は高まっていくでしょう。そのような中でどのような企業が躍進するのか要注目です。

今回はシンガポールのスタートアップの中でも特に注目されている企業をご紹介します。

シンガポールの注目スタートアップ企業
ドクター・エニウェア(Doctor Anywhere) オンライン診療

https://doctoranywhere.com/

ショップバック(SHOPBACK) 現金還元サービス

https://www.shopback.my/

バリダス・キャピタル(Validus Capital) 融資仲介

https://validus.sg/

ニンジャバン(ninjavan) 物流

https://www.ninjavan.co/en-sg/

RWDCインダストリーズ(RWDC Industries) 生分解性プラスチック

https://www.rwdc-industries.com/

関連記事

  1. 米国ETFの売買手数料が実質無料になる「ゼロETF」とは?

  2. 祇園祭2016(後祭)の楽しみ方

  3. オフィスをサロンに。人が集まる場を創る。

  4. 安いから何度でも作り直せる。生前遺影の作成は「スマイル」で。

  5. なぜ阪急電車は一見さんに厳しいのか

  6. UHA味覚糖の『コロロ』が訪日外国人観光客にバカ売れ