【BASE無料アプリ】デジタルコンテンツ販売

例えば自分で撮影した写真データを販売したり、日本酒に関連する教材を販売したり。このような実際のモノではなくデータを販売する場合は、通常の販売方法ではなく、決済後にデータをダウンロードしてもらう仕組みが必要です。今回ご紹介するBASEの無料アプリはこのようはデジタルコンテンツを販売に対応するものです。

決済完了後に購入者に送付されるメールの中にダウンロード用のURLが挿入され、それをクリックすると商品がダウンロードされるという仕組みです。似たようなプラグインがEC-CUBEでも販売されていますが、その価格は約2万円です。BASEであればそれが無料で搭載できます。

名称 デジタルコンテンツ販売
概要 デジタルコンテンツ販売Appをインストールすると音楽データや写真データなどのデジタルコンテンツを販売することができます。 購入されたデジタルデータはお客様が購入後のメールに記載されているURLをクリックすることでダウンロードすることが可能です。
こんな方におすすめ
  • BGM素材など音楽データを販売したい方
  • 写真素材など画像データを販売したい方
  • PDFなど書類データを販売したい方

関連記事

  1. 鮮魚流通のためのECサイト(BtoB)が盛り上がっている

  2. メーカーが自社ECで展開するDtoCとは

  3. EC-CUBEで使えるマーケティングプラグイン

  4. Bcartの利用プランと導入イメージ

  5. いよいよ10月1日から宅配便運賃の値上げ開始

  6. ポイントで金融商品が購入できる時代へ