安いから何度でも作り直せる。生前遺影の作成は「スマイル」で。

自分の死後、知人・友人に最後の姿を見せるのが遺影です。葬儀だけでなく、その後の法要でも使用される大切な写真です。しかし、誰もが経験している通り、本人の思い通りの写真を使ってくれるとは限りません。僕自身も知人の葬儀に参列した際、「なぜこの写真を選んだのだろう?」と感じることがあります。

だから思うのです。どうせなら自分が生きている間に、自分が気に入った遺影を作っておきたいと。それが生前遺影というものです。最近は生前葬というものが流行っているように、本人の意思を尊重したサービスが増えています。

遺影作成費用は意外と高い

遺影を作成するために生前の写真を加工する必要があるため、それなりの費用がかかります。現在の相場は5,000〜7,000円と言われますが、デジタルデータが無かったり、加工の手間がかかる写真の場合は数万円かかることもあります。

自分が死んだ後のことであれば親族に任せておけばよいのですが、生前遺影となれば自分で費用を負担しなければいけません。しかも、生前遺影は一度だけでなく何度も作り直す可能性があります。例えばオシャレな服を買った後とか、ダイエットして痩せた後など、生きている間は変化が伴うので、それに合わせ遺影も作り直そうと思うものです。

そんな時に大切なのが作成費用の安さです。今回ご紹介する「スマイル」の遺影作成サービスは安心・明瞭価格の2,000円(税込)のみ。印刷しても最高3,200円です。これだけ安ければ、何度でも気軽に遺影を作り直すことができますよね。

まずはサンプル注文から

安いだけで、本当は質が低いんじゃないの?そう思われる人もいるでしょう。そういう場合は注文前にサンプル注文をしてみましょう。サンプル注文は実際に使用したい写真を送ることで遺影の見本を作ってくれるサービスです。もちろん費用はかかりません。ただし、写真にサンプルマークが入ります。出来上がったサンプル遺影を見て、その品質に満足してから注文すればよいのです。

このような格安サービスを上手に使うことで、生きている間に友達同士で遺影を見せあったり、複数の遺影の中から友達に好評なものを選ぶ、なんてことができます。葬儀は自分の最後の晴れ舞台。こんな時くらい、自分のお気に入りの一枚を使いたいですよね。

関連記事

  1. 世界最先端デジタル国家創造宣言のポイント

  2. アジアで拡大する物流版ウーバー

  3. 京都嵐山耐熱リレーマラソンを走ってきました。

  4. SAKE DIPLOMA二次試験用・テイスティング用語選択用紙を作って…

  5. 法人銀行口座を作るなら、登記簿提出が必要ない住信SBIネット銀行をおす…

  6. ジェームス・W・ヤングから学ぶ、アイデアのつくり方