EC-CUBEにAmazon Payを導入する方法

新型コロナウイルスの感染拡大により忘れてしまった人が多いと思いますが、今年前半にはEC-CUBEを使用したECサイトから個人情報が漏洩する事故が多発しました。このニュースによってEC-CUBEの信頼性は大きく失われ、それに代わるように米国のShopfyの勢いが増しています。今後もEC-CUBEのシェアが増えることはないと思いますが、制作会社の推薦によりEC-CUBEを使わざるを得ない運営者もいるでしょう。

そんな時におすすめなのが、Amazon Payを導入することです。これはAmazonの登録情報を利用してクレジットカード決済するものです。つまり、EC-CUBE上にクレジットカード情報を登録しなくてカード決済ができます。EC-CUBEを扱う制作会社に比べると、Amazonは資金力も技術力も圧倒的に上回っているため、カード情報を登録するのであればAmazonに登録しておくほうが安心です。

今後EC-CUBEを使ってECサイトを構築する場合は、消費者が安心してカード決済できるようにAmazon Payプラグインを導入しましょう。

名称 Amazon Payプラグイン
概要 Amazon PayをECサイトに導入することで、お客様はAmazonアカウントでログイン後、Amazonに登録された配送先やクレジットカード情報を利用し、御社のECサイト上で決済を完了することができます。
対応ver 4系
価格 無料 ※ただし月額5,000円の費用が発生

プラグインの導入に際しては、稼働中のECに影響がないようにステージングサーバ上にデモ環境を構築して試しましょう。当社ではステージングサーバの構築からプラグインの導入まで一貫した対応を行っています。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. EC-CUBE B2BとBcartの機能比較

  2. EC-CUBE2系とEC-CUBE3の機能比較

  3. ポイントで金融商品が購入できる時代へ

  4. 【EC-CUBE新着プラグイン】LPにフォームを挿入するプラグイン

  5. 【EC-CUBE新着プラグイン】SEO管理プラグインでSEO最適化EC…

  6. EC-CUBEのデザイン編集はページとブロックの理解が必要