映画もコンサートもオペラも、見放題プランで楽しむ

月額定額制の見放題・聴き放題といえば、AmazonやSpotifyなど大手プラットフォーマーが手掛けるサービスが有名です。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、このようなプラットフォーマーだけでなく、従来からコンテンツを保有している映画館や劇場などが単独で見放題サービスを手掛けるようになりました。今回はその中のサービスの一部をご紹介します。

彼らのサービス提供の目的はほぼ共通していて、「芸術文化を残すこと」です。ミニシアター文化やコンサート、演劇など今まで育んできた芸術文化がコロナの影響で途絶えようとしています。それを残すために彼らは今回のような手段を選びました。そのような考えに共感した人々が彼らをサポートするという点で、Amazonのような見放題サービスとは一線を画すと思います。

僕もたまに京都のミニシアターに行ったり、ロームシアター京都でコンサートを聴きに行くことがありますが、やっぱり生で見るのが一番。見放題も悪くないのですが、やっぱり早く復活してほしいですね。

見放題で楽しめる芸術コンテンツ
アップリンク・クラウド

https://www.uplink.co.jp/cloud/

映画館アップリンクの配給作品60本以上が3ヶ月見放題で2,980円。

仮説の映画館

https://www.temporary-cinema.jp/

新作映画をデジタル配信するオンライン映画館。全国50以上の映画館が参加。

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホール

https://www.digitalconcerthall.com/ja/home

無観客でライブ配信。月額14.9ユーロで生中継や数百本のアーカイブを視聴できる。

新国立劇場「巣ごもりシアター」

https://www.nntt.jac.go.jp/

バレエやオペラの公演映像を無料でフル配信。

関連記事

  1. 開業医必見!クラウド型電子カルテ

  2. 京都市営地下鉄がGoogleストリートビューを導入

  3. 僕はSAVASミルクプロテインで元気モリモリ!

  4. 3月19日から京都駅と京大病院を結ぶバスが運行

  5. 相手の気持ちを動かすコミュニケーション・スキル

  6. オフィスをサロンに。人が集まる場を創る。