29歳までに未経験からインフラエンジニアになる方法

様々なITサービスがクラウド化していく中で注目されている職種がインフラエンジニアです。インフラエンジニアとはサーバやネットワークの構築、およびその運用・保守を担う人材です。クラウドサービスにおいて最も重要なことは24時間365日の安定稼働です。この安定稼働を担保しているのがインフラエンジニアです。

プログラマに比べると地味な印象は受けますが(実際地味な作業が多いのですが)、今後この職種の重要度は増すばかりでしょう。なぜなら、日本国内ではインフラエンジニアが不足しているからです。プログラマとして有名企業に就職することが難しくても、インフラエンジニアとしてなら就職できる確率が高まります。

だからこそ、早い段階でインフラエンジニアを目指すことが大切です。29歳までなら未経験でも就職できる可能性があります。さすがに30歳を過ぎると相応の経験が求められ、企業によってはマネジメントスキルも要求されるでしょう。29歳以下の皆さん、もしインフラエンジニアに興味があるのなら、次のサービスを有効活用して次のステップに踏み出しませんか?

95.1%の確率でインフラエンジニアとして就職できる

未経験からインフラエンジニアとして就職できるサービスとして有名なのが「GEEK JOB」です。GEEK JOBは「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという事業ミッションのもと、社会人に向けた無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしていますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

なぜ高い転職率を実現できるのでしょうか。それは「徹底した採用者目線」での就職支援とプログラミング学習支援を実施しているためです。就職支援においては、面接のロールプレイングから実際の仕事を体験するアクティビティを取り入れており、選考突破方法だけでなく、就業後にも役に立つ働き方を身に着けてもらっています。

GEEK JOBで目指せる職種
  • インフラエンジニア

    ITシステムを動かすための環境を整え、継続的にシステムが動き続けるように保守・運用を行うことがメインの仕事になります。

  • ネットワークエンジニア

    ネットワークの設計・構築・運用・保守を行います。ネットワークを快適にすることでITシステムのインフラを支える重要な役割を担っています。

  • サーバエンジニア

    サーバの設計・構築・運営・保守を行います。デバイスの多様化やアクセス速度を上げる必要性、情報の大量化という課題に対して解決を行います。

完全無料、オンライン対応

GEEK JOBでは登録者が無料で様々な講習を受けられる点が魅力です。身につけられる知識はITインフラスキルだけでなく、面接対策など就職スキルも含まれます。つまり、IT業界未経験者であっても、GEEK JOBに登録するだけで就職に必要なスキルと転職に必要なフォローが手に入れられるのです。

IT業界に転職したいけどスクールに通う金銭的余裕がない。そのような20代にとっては魅力的な環境だと思います。また、昨今の新型コロナの影響もあり、従来通学が必要だった講習も全てオンラインに対応しました。だから、移動することなく自宅で必要なスキルが身につけられますよ。

まずは無料体験に申し込んでライバルに差をつけよう。

無料体験・説明会で詳しく聞きたい

関連記事

  1. はじめてのBtoBサイト構築(3つの運営パターン)

  2. 誤ってWordPress5.0へのアップデートした場合の対処方法

  3. マッチングアプリ「ペアーズ」にビデオ通話機能が追加

  4. フリーランスエンジニアが受注案件を増やす方法

  5. イスラエルの医療テック新興企業

  6. 常駐型?在宅型?フリーエンジニアが選べる2つの働き方