フリーランスエンジニアが受注案件を増やす方法

フリーランスのエンジニア(プログラマ)にとって、案件を安定的に受注することが一番の課題だと思います。フリーランスになった当初は前職の付き合いからの紹介案件が多いのですが、それだけでは収入は安定しません。しかし、だからといってクラウドワークスなどクラウドソーシングに登録しても単価が低いため安定を求めることはできません。

それではどのような働き方をすればフリーランスのエンジニアは受注を増やすことができるのでしょうか。その方法は主に2つあります。ひとつは制作会社やシステム開発会社の外部ブレーンになること。そしてふたつ目は案件紹介サイトに登録することです。

外部ブレーンになることの特徴

当社も外部ブレーンとしてフリーランスのエンジニアに案件を依頼することがあります。外部ブレーンになると、制作会社のリソース不足を補うために案件を受注することになります。制作会社は外部ブレーンに対して、案件の仕様を伝えます。それに対して対応可否と見積もりを提出します。双方が納得すれば実際に案件を動かすことになります。

制作会社等の外部ブレーンになることの特徴ですが、案件を待つことが基本です。つまり、制作会社に外部委託するような案件が発生しない限り外部ブレーンにも仕事は回ってきません。これを言い換えると、制作会社の営業能力によって案件数が増減するということです。しかし、制作会社の多くは営業スタッフが少ないため、それほど安定的な案件数を獲得することは難しいでしょう。

案件紹介サイトの特徴

世の中にはフリーランスエンジニアに特化した案件紹介サイトが存在します。そのようなサイトを運営しているのは人材紹介会社が多いのですが、制作会社と異なり営業スタッフが中心の会社がほとんどです。つまり、制作会社より営業力が高く、新規の案件を続々と獲得してきます。

案件数が多いということは、様々なエンジニアに適した案件が生まれる可能性も高く、より多くのエンジニアにチャンスがあると言えるでしょう。また、小さな制作会社が受注する案件よりも比較的大きな案件が多く、その分エンジニアが得られる報酬も高くなります。同じ時間働くのならできるだけ報酬が高いほうがよいですよね。

フリーランスのエンジニアとして何を求めるのか

制作会社の外部ブレーンになるのか。もしくは案件紹介サイトで案件を獲得するのか。フリーランスのエンジニアに最も欠けているものは何でしょうか。それは多くの場合、営業力ではないでしょうか。つまり、フリーランスのエンジニアに必要なものは高い営業力を持ったパートナーであり、高い制作能力を持つ制作会社ではありません。

だから、フリーランスのエンジニアとして受注案件を増やすためには、まず案件紹介サイトに登録することが重要です。自分のスキルを登録しておけば、案件紹介サイトを運営するスタッフが適合する案件を紹介してくれます。最終的に受けるかどうかは、その案件の条件を知ってから判断すればよいのです。だから案件紹介サイトに登録するリスクは特にありません。

ITフリーランスエンジニア向けの案件紹介サイト「at engineer」

それでは実際に案件紹介サイトをご紹介しましょう。今回ご紹介するのはITフリーランスエンジニア向けに運営されている「a engineer(アットエンジニア)」です。特に東京案件に強く、関西では大阪案件が中心になります。有名なIT関連企業の案件も多く、サイバーエージェントやサイゲームズ、ガンホー、DMMなど著名な企業の案件を関われるチャンスがあります。

基本的には常駐型の案件が多いとは思いますが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大によりIT企業の働き方もリモート型に変わりつつあるため、今後は常駐型だけでなくリモート型も案件も増えていくでしょう。また、案件紹介サイトに登録する際にリモート型を希望すること記載しておけば、そのような案件だけ紹介してくれるのではないでしょうか。

スキル別案件数

エンジニアの評価はプログラミング言語など保有するスキルと経験値で決まります。そして、そのスキルと経験値によって対象となる案件数も変わります。下記は2020年5月9日時点の「at engineer」のスキル別案件数です。

Java 672件
PHP 753件
Ruby on Rails 228件
Python 134件
Go 36件
C言語 17件
C++ 44件
Objective-C 34件
Swift 188件
AWS 53件
Unity 112件
Android 116件
Node.js 5件
JavaScript 89件
Shell 7件
Kotlin 57件

上記の数字を見れば分かるように、フリーランス案件の中でもJavaが最も需要の高い言語であることが分かります。業務システムの開発、Webアプリケーション開発、Androidスマートフォンアプリ開発など案件内容も多岐に渡ります。次いで多いのがPHPです。WEBブラウザ上で動作するシステムの開発案件が中心で、作業環境としてはほとんどがLAMPを使用しおり、フレームワークはCakePHPが主流となっております。

もし案件数の多い言語を身に着けているのであれば、案件紹介サイトに登録することでかなり高い確率で案件を受注することができるでしょう。一方、自分のスキルの需要が低いと思う場合は需要の高い言語やスキルを身に付けることが大切です。

これらの案件の平均報酬額は月50万円程度です。中には100万円以上する案件もありますが、多くの場合プロジェクト型であり、常駐型になるでしょう。出来るだけ手離れの良い案件を選ぶのであれば、あまりに高い報酬の案件は選ばないほうがよいと思います。

at engineer(アットエンジニア)の特徴
  • 案件の7割はエンド直、元請直

    案件の7割がエンド直、元請直です。それによりITフリーランスエンジニアに高単価、好条件のご案内を実現。ソーシャル(オンライン、コンシューマ)ゲーム、アドテク、Eコマース等のtoCサービスから金融系、製造、物流、小売りなどの業務系まで様々な業界の案件がある。またフェーズも上流から下流まで幅広く案内できるよう案件情報をご用意している。

  • 勉強会とITエンジニア交流イベント

    登録されているITエンジニアに定期的に現在のトレンド技術の勉強会や交流の場、情報交換の場として様々なイベントを開催。フリーランスとして行うことになる確定申告や納税など煩雑な業務や、市場のニーズなど情報収集に関しても、自分ひとりで行うのではなく同社が開催する勉強会やイベントを通じて学ぶことができる。

まずは案件紹介サイトに登録してみる

登録すること自体に悩んでいるのなら時間の無駄です。このような案件紹介サイトは情報を公に出来ない案件の方が多く、サイト登録者だけに公開される情報が多いのです。だから、登録しないで表面的な情報だけで判断するのは、チャンスを失うことにもなります。紹介サイトへの登録は無料ですので、登録することで何か失うわけでもありません。

登録することで案件紹介サイトのパフォーマンス、言い換えればその運営会社の営業力や対応力も分かります。表向きは良いことばかり言うけど、実は横柄な態度を取るスタッフが多いなど、登録しないと分からないことが多いのです。本当に登録する価値がないと分かったら個人情報を削除してもらいましょう。

関連記事

  1. 期間限定で無償提供されている企業向けクラウドサービス

  2. Web系エンジニアに特化したITフリーランス専門人材サービス「テクフリ…

  3. 受託開発会社がおすすめするシステム開発の外部委託方法

  4. 誤ってWordPress5.0へのアップデートした場合の対処方法

  5. アプリ開発者は必見!QRコード決済の統一仕様ガイドライン

  6. 自分のブログ記事がコピーされていると感じたら、このプラグイン。