経済見通しを発表する国際機関とその時期

新聞やニュースを見ていると、IMF(国際通貨基金)やOECD(経済協力開発機構)など国際機関が経済見通しを発表しています。これは世界経済の中長期的な見通しを発表するもので、各国政府は予測数値の中立性の観点から、国際機関の発表予測を経済政策を決定する上で利用しています。この経済見通しはシンクタンクなど民間企業も発表していますが、中立性という観点から国際機関が発表したものが重視されています。

それではどのような機関がどの時期に発表するのかご紹介します。

経済見通しを発表する国際機関とその時期
国際通貨基金(IMF) 年2回(4月、10月)
経済協力開発機構(OECD) 年2回(6月頃と11月頃)
世界銀行 年2回(1月、6月)
国連 年1回(1月)

関連記事

  1. 祗園祭の激混みマップをツイートしてみてわかったこと

  2. ビットコインの売却には要注意

  3. 京都マラソン2018のオススメ応援スポット

  4. 消費税増税に伴い京都市地下鉄の値上げが決定!

  5. 有期契約社員の無期転換への準備は進んでいますか?

  6. 2019年12月20日からFDAの神戸ー高知線が運航開始