経済見通しを発表する国際機関とその時期

新聞やニュースを見ていると、IMF(国際通貨基金)やOECD(経済協力開発機構)など国際機関が経済見通しを発表しています。これは世界経済の中長期的な見通しを発表するもので、各国政府は予測数値の中立性の観点から、国際機関の発表予測を経済政策を決定する上で利用しています。この経済見通しはシンクタンクなど民間企業も発表していますが、中立性という観点から国際機関が発表したものが重視されています。

それではどのような機関がどの時期に発表するのかご紹介します。

経済見通しを発表する国際機関とその時期
国際通貨基金(IMF) 年2回(4月、10月)
経済協力開発機構(OECD) 年2回(6月頃と11月頃)
世界銀行 年2回(1月、6月)
国連 年1回(1月)

関連記事

  1. JAL傘下の格安航空会社(LCC)ジップエア・トーキョーとは

  2. 経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選」選定企業

  3. MKタクシーの「MKのタク配」が6月末まで110円に

  4. 梅雨到来!楽天スーパー半額セールで今年の傘を購入しよう。

  5. マネックス証券の「AI銘柄ナビ」で1ヶ月後の株価を予測する

  6. 学園祭で使える便利な食材