経済見通しを発表する国際機関とその時期

新聞やニュースを見ていると、IMF(国際通貨基金)やOECD(経済協力開発機構)など国際機関が経済見通しを発表しています。これは世界経済の中長期的な見通しを発表するもので、各国政府は予測数値の中立性の観点から、国際機関の発表予測を経済政策を決定する上で利用しています。この経済見通しはシンクタンクなど民間企業も発表していますが、中立性という観点から国際機関が発表したものが重視されています。

それではどのような機関がどの時期に発表するのかご紹介します。

経済見通しを発表する国際機関とその時期
国際通貨基金(IMF) 年2回(4月、10月)
経済協力開発機構(OECD) 年2回(6月頃と11月頃)
世界銀行 年2回(1月、6月)
国連 年1回(1月)

関連記事

  1. いよいよ2020年1月に京都スタジアムが竣工。ボルダリング施設もあるぞ…

  2. ウェブ制作会社が契約トラブルから回避する方法

  3. 金融機関で導入が進むRPAってなに?

  4. 岡三証券が口座開設者限定の投資情報を一般に無料公開

  5. 花火と音楽のマリアージュ「京都芸術花火2018」が5月に開催!

  6. 45歳にして初めてかっぱ寿司の食べホーに挑戦してきました。