中小企業の経営を支えるファクタリング

新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言を受けて、中小企業の経営環境が悪化しています。飲食店や小売など消費者とダイレクトに接する業種はすぐにその影響が出ていて、テレビなどメディアでもその苦境が報じられています。一方、当社のようなBtoBの業種に関しては、すぐには影響は表面化しないのですが、7月以降に取引先企業の設備投資が抑制される可能性が高く、年内後半からその影響が表面化すると考えられます。

特に影響が大きいのが中小企業です。元々資金が多くなく、1ヶ月分の入金が滞るだけで経営が悪化する企業が多いと思います。受注量が減っても雇用している従業員の給与など固定費の支出額はそれほど変わらないため、今後、経営者が資金繰りに奔走する姿が多くなりそうです。

このような中小企業の経営を支援するのは、本来地方金融を担う地方銀行や信用金庫など金融機関なのですが、如何せん融資の審査を通り入金されるまでに時間がかかりすぎます。その間、経営者はただ待つしかありません。このような状況に対し、地方金融の代わりに中小企業を支える手段としてファクタリング(売掛債権の買い取り)が注目されています。

最近のファクタリングはすべてオンライン上で完結することができるため、依頼から入金まで即日というサービスが多いのが特徴です。もちろん、良いことばかりではなく、請求書金額の2〜9%の手数料を支払うことになり、地銀から融資を受けるよりも条件は悪くなります。しかし、このような状況下ではスピードの方が重視されますので、今後ファクタリングを利用する企業は増えていくと考えられます。

今回はそのファクタリングや中小企業支援を手掛ける企業をご紹介します。資金繰りが厳しくなりそうな経営者の方は、地銀への相談と同時に、ファクタリングも資金確保の手段として検討しておきましょう。

ファクタリングを手掛ける企業
OLTA株式会社

https://www.olta.co.jp/

  • 設立日:2017年4月14日
  • 資本金:25億円
  • 代表者:澤岻 優紀(神戸大学経営学部卒)
  • 所在地:東京都港区
MF KESSAI株式会社

https://mfkessai.co.jp/

  • 設立日:2017年3月
  • 資本金:9億円
  • 代表者:冨山 直道(慶應義塾大学経済学部卒)
  • 所在地:東京都千代田区
freee株式会社

https://www.freee.co.jp/finance/

  • 設立日:2012年7月
  • 資本金:161億円
  • 代表者:佐々木 大輔(一橋大学商学部卒)
  • 所在地:東京都品川区
株式会社CAMPFIRE

https://camp-fire.jp/

  • 設立日:2011年1月14日
  • 資本金:36億円
  • 代表者:家入 一真
  • 所在地:東京都渋谷区

顧問先が融資を受けやすくなる! 税理士が知っておきたい 中小企業の財務改善ノウハウ [ 松波 竜太 ]

関連記事

  1. 今日で45歳になりました。令和も楽しみます。

  2. 1日4000万円売り上げるネスカフェアンバサダー

  3. JAL傘下の格安航空会社(LCC)ジップエア・トーキョーとは

  4. 中小企業のテレワークを考える〜法令とガイドライン〜

  5. 中国人が爆買いする日本の薬「神薬12」とは。

  6. 京都市が新規宿泊施設のバリアフリーを義務化