米国で公道試験の実績を上げている自動運転開発企業

日本国内ではまた自動運転が身近なものだという実感を得ることはできません。しかし、世界では自動運転技術の開発が急速に進んでいます。このままいけば、コンピュータのOSのように自動運転のプラットフォームも米国が独占するのではないかと危惧されます。しかし、実は意外にも米国だけでなく中国企業も自動運転技術で実績を積み上げています。特に自動運転関連の企業が集まっているのが米国カリフォルニア州です。ここには世界各国から自動運転関連の企業が集まり、公道試験を繰り広げています。では、どんな企業が集まっているのでしょうか。今回は日本経済新聞社が集計したデータを元に、その企業をご紹介します。

自動運転車の公道走行試験の実績ランキング20(日経調べ)

社名をクリックすると公式Webサイトが開きます。数字は走行距離(km)です。

1位 ウェイモ(米国) 234万201km
2位 GMクルーズ(米国) 133万7426km
3位 小馬智行(ポニー・エーアイ/中国) 28万1386km
4位 百度(バイドゥ/中国) 17万4292km
5位 ニューロ(米国) 11万661km
6位 ズークス(米国) 10万7852km
7位 リフト(米国) 6万9091km
8位 オートX(中国) 5万1586km
9位 ダイムラー(独) 2万2914km
10位 オーロラ(米国) 2万1613km
11位 滴滴出行(ディディ/中国) 1万8877km
12位 アップル(米国) 1万2141km
13位 エヌビディア(米国) 1万1616km
14位 エーアイモーティブ(ハンガリー) 9746km
15位 広州文遠知行科技(ウィーライド/中国) 9522km
16位 トールドライブ(韓国) 8190km
17位 ドライブ・エーアイ(米国) 6396km
18位 セレス(中国) 5621km
19位 ヌルマックス(中国) 3911km
20位 ガティック(米国) 3792km

20位まで紹介しましたが、ご覧の通り日本の企業はひとつも入っていません。日本で最も走行距離が長いのは日産自動車の3665kmで21位、次いでトヨタ自動車の2924kmで25位となっています。米国や中国が自動車メーカーではなく、テクノロジー企業が主体になっているのに対して、日本は自動車メーカーが主体になっている点が大きな違いです。このままいけば、自動運転技術の市場は米国と中国の企業で独占される勢いです。日本企業も頑張ってほしいですね。

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生 [ 湯 進 ]

関連記事

  1. 女性の活躍推進企業データベースを使ってみる

  2. 相手の気持ちを動かすコミュニケーション・スキル

  3. 京都市が自転車保険加入を義務化。で、どうしたらいい?

  4. 第35回NAHAマラソンに出場したい人は要チェック

  5. 電子地域通貨っておトクなの?

  6. 北陸・甲信越にある肺がん治療の実力病院<リンク集>