岡三証券が口座開設者限定の投資情報を一般に無料公開

僕が株式運用を始めたのは15年以上前。当時は500万円の資金を元手に、自分なりの投資ルールやポリシーを設け、地味に収益を増やすことを目標にして運用していました。その当時と比べると現在は個人投資家にとって分かりやすい商品が増え、また機関投資家と同等とまでは言えないのですが充実した投資情報を得ることができるようになりました。

しかし残念なことに、僕の周囲だけを見渡しても、未だに株式運用はギャンブル性が強い投資だと考える人が数多くいます。特に今回のような新型コロナウイルスの影響により株価が大幅に値下がりする状況を見ると、その考えはますます強まるようです。一方で、僕も含め個人投資家の多くは今回の値下がりをむしろ歓迎しています。なぜなら、高値で手が出せなかった銘柄が購入できたり、保有している株式の買い増しが行いやすいからです。

僕の投資ポリシーは「下がったものは必ず上がる。上がったものは必ず下がる」。特に急激に落ち込んだ場合は、急激に上がるケースが多く、株価下落はむしろチャンスだと思って前向きに考えるようになりました。今回のコロナの影響は若干長引きそうな気配を感じますが、落ち込んだままで良いと考える企業経営者は存在しません。企業業績は必ず元に戻ると考えています。だからこそ、このような時期に株式投資にチャレンジすることをご提案します。

そんな投資初心者にとって有益な情報が新聞に掲載されていました。岡三証券グループが口座開設者しか閲覧できない情報を一般投資家向けに無料公開しています。まだ、証券口座を開いていない方は、これを機にどのような情報が得られるのか試してみてはいかがでしょうか。

岡三証券で閲覧できる投資情報
  • 市況概況
  • 海外市況
  • 国内株式
  • 海外株式
  • 海外個別株
  • マクロ為替
  • 債権・コモディティ
  • アナリストレポート 等

詳細は下記ボタンから岡三証券のWebサイトをご覧ください。

岡三証券のWebサイトを見る

毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる米国つみたて投資 [ 太田 創 ]

関連記事

  1. 開業医必見!クラウド型電子カルテ

  2. ゴールデンウィーク中も診療している関西の病院

  3. フリーランス向けコワーキングスペース検索サービス「Hub Spaces…

  4. 新ドラマ「まだ結婚できない男」がパッとしない理由

  5. 時価総額が1000億円を超えるバイオベンチャー企業

  6. バニラエアで行く奄美大島ひとり旅(3日目)