年間10万円以下で手に入れるエステサロンのためのホームページ

エステサロン業界は国内に約5,000店あり、そのうち個人経営店は約2,400店あると言われます。エステサロンは無資格で事業を行うことができるため参入しやすく、毎年多くのエステサロンが生まれます。だからといって、国内でエステサロンに通う生活者が増えているかというとそうではないため、客の奪い合いが激しくなり、倒産するエステサロンが増加します。エステサロン業界では1年以内に約60%が倒産し、10年生存できるのはたったの10%と言われています。

このような厳しい業界の中で勝ち抜くためには、紹介に頼る経営ではなく、積極的に新規顧客を増やすことが求められます。その方法として最も効果が高いと言われているのがホットペッパービューティーです。誰もが知っているメディアで、予約管理機能など機能性が高くエステサロン側にとっては非常に便利なツールです。おそらく新規開業したオーナーの多くがホットペッパービューティーの掲載を考えるのではないでしょうか。

ただし、ホットペッパービューティーは決して安い掲載費用ではありません。それなりの月額費用を負担する必要があり、開業資金が十分でない場合は、すぐに掲載費の支払いが厳しくなると思われます。また、知名度が高いメディアだけに多くのエステサロンが掲載されているため、ホットペッパービューティー内での競争も激しく、目立つためにはオプションの追加費用を払ったり、他店にはない割引メニューを用意するなど、掲載初期には想定できない出費が発生します。

エステサロンのウェブ戦略は短期と長期で考える

開業初期は出来るだけ早く新規顧客を開拓したいと思うはずです。その場合はすぐに結果が出やすいホットペッパービューティーなど専門メディアを利用して、短期的な結果を求めましょう。開業が決まった段階でホットペッパービューティーの営業担当者に連絡し、掲載費用や機能を確認し、予め年間予算に組み込んでおくことをおすすめします。そして、その予算を達成するためにホットペッパービューティーだけでどのくらいの顧客を開拓する必要があるのか予め計画しておきましょう。

一方で自分のエステサロンを長期的に育てていくことも必要です。特にエステサロンは他店との差別化をメニューだけで図ることは難しいため、オーナーの理念やメッセージが大切です。こんなことでお金は稼げないと思われるかもしれませんが、競争が激しくなるほど、このような基本的なことが大切になってきます。また、人材を集める場合にも有効です。このような他店との違いを打ち出すには、ホットペッパービューティーよりも自社のホームページが有効です。なぜなら、自由に情報を掲載することができるからです。

開業初期の広告宣伝費は8:2の割合で

8割はホットペッパービューティーに費やし、出来るだけ多くの新規顧客を開拓しましょう。運転資金を確保するためにもこのような短期的な顧客開拓が最も重要です。そして、残りの2割で自社ホームページを作成しましょう。自社ホームページは開業初期にはほとんど効果をもたらしません。したがって、出来るだけ費用を抑えるのが賢明です。

たまにホームページ制作会社が自社ホームページに何十万もかけて顧客を開拓しましょう、という営業を行っていますが、開業したての無名のエステサロンのホームページなんて誰も見ませんし、Googleの検索結果にも表示されることがないでしょう。ただし前述したように長期的な視点で自社ホームページを持つことは決して間違っていません。

仮に年間100万円の広告宣伝費を確保できるのであれば、その内2割の20万円程度を自社ホームページの制作と運営に割く程度で十分だと思います。

ホームページをゼロから作る時代は終わりました

ホームページを作るとき、多くのオーナーは知り合いのホームページ制作会社に依頼することが多いと思います。しかし、ホームページ制作会社は「作る」ことで生計を立てているため、そこで儲けを出そうとします。儲けを出すためには本来必要のないページを提案したり、使う機会の少ない機能を設けたりします。その結果、エステサロンは本来得る価値以上の費用を制作会社に支払うことになります。大体100万円ほどのホームページの場合は70万円が原価で30万円が利益です。エステサロンは彼らの利益30万分も支払っていることになります。

おそらくホームページ制作会社に依頼すると予算の2割は大幅に超えてしまうでしょう。また、制作時間も長くなり、結果、依頼してから公開するまでに数ヶ月費やすなんてこともあります。個人店のオーナーはエステシャンも兼務しているケースが多いため、そんな長期に渡ってホームページ制作に時間を費やすことはできません。できるだけ本業で儲けるために時間を割きたいと思うのが本音でしょう。

そこで当社が提案しているのが、エステサロン用に開発されたテンプレートを使ってホームページを制作する方法です。テンプレートを使ったホームページと聞くと、安っぽいイメージを持たれるかもしれません。では、こちらのデモ画面をご覧ください。安っぽいというイメージは全くありません。むしろ、これ以上何を望むのかと思われるほどでしょう。現在、世の中にはこのような優良なテンプレートが数多く存在します。低費用でホームページを制作するには、これを有効利用するのが一番です。

制作会社に依頼すると100万円以上するものが3万円以下で手に入る

先ほど見ていただいたデモホームページを制作会社に依頼して、ゼロから制作すると費用は100万円以上かかります。さらに制作時間も3ヶ月程度必要になるでしょう。これだけのお金を費やすのなら、ホットペッパービューティーのグレードを上げたり、オプションを追加するほうが利益に直結した結果が得られると考えます。

ではテンプレートを利用した場合はどうでしょうか。先ほど見たデモ画面のテンプレート費用はなんと税込みで27,800円です。もちろん、これに加えてレンタルサーバ費用やドメイン(アドレス)取得費用が追加されます。さらにエステサロンの場合は写真が重要なので、プロのカメラマンに撮影を依頼する費用として約5万円ほど計上する必要があります。しかし、それでも10万円以下に抑えることができます。

ホームページ制作会社に依頼した場合の1割ほどの出費で、質の高い自社ホームページが手に入るのです。このようなことを知らずにホームページ制作会社の言いなりなり、分不相応な出費をすることこそ、経営を圧迫する原因となるのではないでしょうか。

年間負担10万円以下で自社ホームページを持つ方法を提案します

当社では年間負担10万円以下で個人エステサロンのオーナーに自社ホームページを保有する方法をご提案しています。詳細は下のボタンからご覧ください。ただし、ある程度、オーナー自身が自分が作りたい(お客様に見ていただきたい)ホームページの内容を考え、自分で文章を書くことが求められます。

自分で文章を書くことは手間だと考える方も多いのですが、頭の中にある考えを文章にすることは情報を整理する上で非常に有効です。また、ホームページを公開後に情報更新する場合も、自分で更新できる体制を整えておけば、更新ごとに制作会社に費用を支払う必要がありません。更新作業は難しいのではないか、と思われるかもしれませんが、Facebookやインスタグラムに投稿するのとそれほど変わりません。覚えれば誰でもできます。

もうひとつ大切なものは写真です。お客様にとってもサロンの内装は気になるところですが、スマホで撮影した写真では素人感丸出しで良い印象を与えません。半日で5万円ほどの費用が発生しますが、そこはケチらずにプロのカメラマンに依頼した方がよいでしょう。また、一度撮影してしまえば、今後チラシを作ったり年賀状を作成したりする際にもその写真が再利用できます。

できるだけ安く高品質な自社ホームページの作り方をお伝えしました。興味のある方は一度提案する機会をいただけると嬉しいです。

年間10万円以下でホームページを持ちたい

関連記事

  1. クリニック専用の優良&有料デザインテンプレートでホームページを作る

  2. 4月からWeb業界、Web担当になる人のためのオススメ書籍

  3. クリニック専用デザインテンプレートの導入方法

  4. クリニックのホームページの作り方

  5. 「3つのかかる」を省いたクリニックのホームページ作り

  6. 年間10万円以下で手に入れるネイルサロンのためのホームページ