やっぱり安心。法人向けの商用CMSを導入する

前回までは主にオープンソースCMSの代表格である「WordPress」をご紹介しましたが、法人としてCMSを導入するのであれば商用CMSの方が安心です。WordPressは気軽に導入できる点で実績数は群を抜いているのですが、それは小規模なサイトでの話。数百ページ、数千ページの規模になるとWordPressのようなオープンソースでは動作が鈍くなったり、機能性で劣ります。

法人にはそれに見合ったものを導入すべきで、幸いなことに日本国内には商用CMSが充実しています。これらのCMSは大規模サイトでの導入実績があり、そのような導入企業の要望を取り入れて常に機能性が高まっているため、どのような企業が導入しても対応できます。今回はそんな国内の商用CMSをご紹介します。

日本国内の商用CMS
中規模サイト(〜数百ページ)

https://www.frameworks.co.jp/

  • WebRelease2
  • 500,000円〜

https://www.powercms.jp/

  • PowerCMS
  • 300,000円〜
大規模サイト(〜数千ページ)

https://noren.ashisuto.co.jp/

  • NOREN
  • 1,000万円〜/1PJ

https://www.heartcore.co.jp/

  • HeartCore
  • 580万円〜
超大規模サイト(〜数十万ページ)

https://www.adobe.com/jp/marketing/experience-manager.html

  • Adobe Experience Manager
  • 価格は問い合わせ

https://www.sitecore.com/ja-jp

  • Sitecore
  • 価格は問い合わせ

関連記事

  1. 無料で使えるWEBサイト制作ツール「STUDIO」

  2. 4月からWeb業界、Web担当になる人のためのオススメ書籍