【2021年卒向け】就職サイトの都道府県別掲載社数比較(リクナビ・マイナビ・キャリスタ)

本日から2021年卒向け就職サイトが一斉にオープンしました。昨年起こったリクルートの内定辞退率予測データの販売が今回どのように影響しているのか興味がある人が多いのではないでしょうか。就活生にはそれほど影響はないと思いますが、このようなニュースがサービス運営にどのような影響を与えるのか、ビジネスの視点で興味はありますよね。

今回も毎年同様、主要就職サイトにおける本社所在地別(都道府県別)の掲載社数をまとめました。また、昨年度(2020年卒向け)との比較データも貼付します。なお、複数の本社を持つ企業の場合は重複してカウントしています。

リクナビ・マイナビ・キャリスタの都道府県別掲載社数(2020年3月2日時点)
リクナビ マイナビ キャリスタ
北海道 790 806 446
青森県 143 149 155
岩手県 145 142 194
宮城県 289 358 325
秋田県 106 77 125
山形県 185 197 138
福島県 293 229 221
茨城県 397 313 241
栃木県 284 250 192
群馬県 414 368 219
埼玉県 780 681 587
千葉県 536 570 461
東京都 6153 8655 5547
神奈川県 1094 1352 929
新潟県 414 357 404
富山県 355 318 130
石川県 277 314 204
福井県 232 178 85
山梨県 90 159 101
長野県 478 520 293
岐阜県 506 348 145
静岡県 719 730 520
愛知県 1818 1778 940
三重県 336 236 131
滋賀県 224 294 144
京都府 510 510 358
大阪府 2263 2388 1574
兵庫県 784 803 508
奈良県 175 157 85
和歌山県 104 128 86
鳥取県 142 77 52
島根県 147 103 47
岡山県 422 445 224
広島県 713 633 434
山口県 216 180 115
徳島県 159 116 58
香川県 262 200 99
愛媛県 328 239 139
高知県 148 49 61
福岡県 920 880 504
佐賀県 129 98 65
長崎県 142 130 97
熊本県 314 217 199
大分県 172 170 74
宮崎県 145 128 49
鹿児島県 199 205 67
沖縄県 209 173 71

リクナビの掲載社数は25,661社、マイナビは27,408社、キャリスタは17,843社で、2021年卒向けにおいてはマイナビが掲載社数No.1を獲得しました。ちなみに昨年はリクナビが32,856社、マイナビが25,359社、キャリスタが16,989社でした。

リクナビ・マイナビ・キャリスタの都道府県別掲載社数(昨年との比較値)
リクナビ マイナビ キャリスタ
北海道 -221 59 -27
青森県 -7 18 2
岩手県 -36 8 7
宮城県 -133 30 50
秋田県 -11 13 39
山形県 -44 20 47
福島県 -86 31 44
茨城県 -128 -31 -14
栃木県 -94 -9 6
群馬県 -138 57 0
埼玉県 -197 60 1
千葉県 -192 53 47
東京都 -1767 633 -17
神奈川県 -442 126 76
新潟県 -113 23 13
富山県 -93 16 13
石川県 -125 3 57
福井県 -66 24 16
山梨県 -30 32 4
長野県 -118 5 -15
岐阜県 -63 5 3
静岡県 -138 63 85
愛知県 -501 114 -42
三重県 -64 32 -44
滋賀県 -51 23 28
京都府 -149 55 6
大阪府 -702 104 137
兵庫県 -227 13 60
奈良県 -39 -3 18
和歌山県 -23 17 5
鳥取県 -39 -2 -20
島根県 -30 6 -6
岡山県 -134 56 18
広島県 -174 78 26
山口県 -26 14 9
徳島県 -21 2 1
香川県 -103 14 2
愛媛県 -67 38 -5
高知県 -14 1 -1
福岡県 -276 117 102
佐賀県 -21 -5 26
長崎県 -49 7 17
熊本県 -84 43 36
大分県 -33 11 13
宮崎県 -37 22 18
鹿児島県 -35 24 23
沖縄県 -54 29 -10

なんとリクナビは全ての都道府県において掲載社数がマイナスとなりました。一方、マイナビは一部を除きほぼ全ての都道府県で掲載社数が増えています。リクナビ問題の影響が如実に現れています。

Google Trends 人気度の動向比較

関連記事

  1. ホラクラシー型の組織形態をとる企業

  2. 【京都マラソン応援企画】ランナーが集まる飲食店

  3. 儲かっている中小上場企業のウェブサイト

  4. 銀行システム24時間化で午後3時以降も振込可能に

  5. ワイヤレス通信から固定回線へ

  6. 採用面接で面接官が判断すべきポイントとは