新型コロナウイルスの危険性は?感染症法の分類による危険度。

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るっています。ただでさえ風邪を引きやすい季節なのに、ちょうどそこに新型コロナウイルスの感染が広がったことで、ちょっと咳が出るだけで過剰反応する人が周囲にも出始めました。日本に限れば感染症法というものがあり、感染症の危険度に応じて分類が行われています。

日本の感染症法5つの分類
1類 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱
2類 急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)、結核、鳥インフルエンザ
3類 腸管出血性大腸菌感染症、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフス
4類 E型肝炎、A型肝炎、黄熱、Q熱、狂犬病、炭疽、鳥インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。)、ボツリヌス症、マラリア、野兎病
5類 インフルエンザ(鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)、ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く。)、クリプトスポリジウム症、後天性免疫不全症候群、性器クラミジア感染症、梅毒、麻しん、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症
指定感染症 鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH7N9であるものに限る。)

1類が最も危険度の高い感染症で、2類を含め患者に勧告をして強制入院されることができます。また、一定期間仕事をさせない就業規則の規定もあります。さらに指定感染症という分類があり、これは政令で暫定的に指定して入院勧告を行うことができます。今回の新型コロナウイルスも指定感染症の指定を受ける可能性が高いのですが、その場合、患者は強制的に入院することになります。しかし、現在は未指定の状態であるため入院や自宅待機も「お願い」にとどまり強制力はありません。今後の感染の拡大を防ぐのであれば、早い段階に指定感染症にしなければいけないでしょう。

created by Rinker
¥6,380 (2020/02/24 10:23:27時点 楽天市場調べ-詳細)

関連記事

  1. 【Amazon Alexa】スキル一覧(ニュース編)

  2. 電子地域通貨っておトクなの?

  3. 関西で先端医療が受けられる病院一覧

  4. 雑誌Meetsの「京都はしご酒」特集の掲載店をGoogle Mapに載…

  5. 書店が一軒もない市町村が増えている

  6. 外国人に人気の日本の旅館ランキング2017