厚底はナイキだけじゃない!スポーツメーカー各社の厚底シューズ

新年あけましておめでとうございます。本年も自分の備忘録としてブログを書き続けようと思います。さて、僕は今、自宅で箱根駅伝を観ながらこの記事を書いています。今回の箱根駅伝は新記録ラッシュです。その要因は何なのか。もちろん、出場選手全員の努力の結果だと思うのですが、それ以外にはシューズの影響が大きいのではないでしょうか。だって、出場選手の80%以上が同じシューズを履いているからです。

そのシューズとはNIKE社の「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」です。このシューズの何が素晴らしいスピードを生み出すのでしょうか。NIKEの公式サイトを元に簡単に特徴をまとめました。

① レース当日に反発力に優れた履き心地を発揮

② 軽量で通気性に優れ、しっかりと快適なフィット感を提供

③ シューズの軽量化と腱上部の圧力を軽減

④ つま先を曲げるときのエネルギーロスを抑制

⑤ 余裕のあるフィット感を提供

⑥ あらゆる天候と路面でのトラクションを強化

上記のような特徴を生み出すためにNIKEならではのテクノロジーが注ぎ込まれています。そのため価格は高く30,000円以上します。今までの上位ランニングシューズよりも1万円ほど高い設定ですが、高校駅伝でも多くの学生が履いているほど浸透しています。この状況を見ると、東京オリンピックの中長距離種目はNIKE一色になりそうです。

でも他社も負けていません。NIKEに負けじと厚底シューズを発売しています。今回はNIKE以外のスポーツメーカーの厚底シューズをご紹介しましょう。

スポーツメーカー各社の厚底シューズ
GLIDERIDE(アシックス)

楽天で最安値で探す
Amazonで最安値で探す
WAVE SKYRISE(ミズノ)

楽天で最安値で探す
Amazonで最安値で探す
ウルトラブースト(アディダス)

楽天で最安値で探す
Amazonで最安値で探す
FUEL CELL REBEL(ニューバランス)

楽天で最安値で探す
Amazonで最安値で探す
Carbon X(HOKA ONE ONE)

楽天で最安値で探す
Amazonで最安値で探す

以上、主要5社の厚底反発シューズをご紹介しました。海外メーカーの商品はいずれも高価格ですが、国内メーカーの商品は比較的に低価格なので、厚底初心者はまずは国内メーカーの厚底シューズで試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. Find Jobでエンジニア採用してみてわかったこと。

  2. ドンキに続きゲオも5万円を切る格安50型テレビを販売

  3. 中小企業は高卒採用で人材不足を解決しよう

  4. GW10連休の各銀行サービスってどうなるの?

  5. アジアで拡大する物流版ウーバー

  6. 遂にセブン-イレブンでも「らくらくメルカリ便」が利用できるように