中小企業のテレワークを考える〜クラウドソーシングの発注方法〜

テレワーク導入の流れを受け、ワーカーの仕事の受け方が変化しています。従来であれば個別の企業から仕事の発注を受けていたのですが、昨今ではクラウドソーシングという仕組みを利用して企業から仕事を受注しているワーカーが増えています。代表的なクラウドソーシングのサービスはランサーズやクラウドワークスがあります。ちなみにクラウドソーシングの「クラウド」はcloudではなくcrowd(群衆)という意味であることを間違えないように。

クラウドソーシングを利用しているのはワーカーだけではありません。企業もクラウドソーシングを利用することで従来よりも幅広いワーカーに対して仕事を依頼することが可能になりました。これは中小企業にとってもメリットが大きいと思います。クラウドソーシングは依頼元の企業規模よりも依頼する業務内容が重視されるため、サービス内では中小企業も大企業と同等に扱われます。つまり、このサービスを上手に利用することで業務の外注先を確保しやすくなります。

人手不足で悩む中小企業が多いのですが、この課題を解決するためにはクラウドソーシングの活用は必須だと言えるでしょう。そこで今回はクラウドソーシングの発注方法をご紹介します。

クラウドソーシングの発注方法

クラウドソーシングの発注方法には3つの類型があります。

  • プロジェクト型
  • コンペティション型
  • マイクロタスク型

の3つです。それぞれに仕事の特徴があり向き不向きがあります。それを纒めたものが次の表です。

類型 プロジェクト型 コンペティション型 マイクロタスク型
仕事の対象 制作期間や成果物が決まっている。プロジェクト単位で行われる仕事 ある決まった成果物を提出する仕事 非常に簡単な作業による成果物を提出する仕事
仕事の例 Web開発、Webサイト制作 ロゴ作成、チラシ作成 簡単なデータ入力作業、データ収集
1件あたりの報酬 数千〜数百万円 数千〜数十万円 数〜数百円

もし自社からワーカーに仕事を依頼する場合、どのような類型が相応しいのか参考にしてください。

関連記事

  1. 東京オリンピック2020の競技会場マップ

  2. 飲食店店主は要注意!偽ソムリエが出回っているらしい。

  3. 女性活躍推進に優れた上場企業「なでしこ銘柄」48社

  4. 沖縄でキャッシュレス決済するなら楽天ペイがおすすめ!

  5. 今、高級トイレットペーパーが販売好調な理由

  6. 出生前に父親を特定する「出生前親子鑑定」とは